Amazon無在庫輸出入販売における、リスクヘッジとグレーゾーン


こんばんは。
大越です。

昨日は、MYCの第一回情報交換会でした。
https://www.facebook.com/yusuke.okoshi.94/posts/604810079678371?notif_t=like¬if_id=1470915012421599

僕の方からは、

「スタートアップセミナー」
ということで、

僕が、月収100万円を達成した時に、
どんな取組みをしていたのか?

リスクヘッジとグレーゾーンの話

このふたつをメインでお話をさせていただきました。

このあたりの話は、
なかなか、一般のセミナーでは、
お話が出来ない部分ですが、

結果を出すため
アカウントを正常に運用するため

には、ある程度ギリギリを攻める必要があります。

また、初心者の方も参加されていますので、
リスクをいかに回避していくのか?

という部分は、
必ず知っておかなければいけません。

事前に防げることは、
知っているか知らないか、
の違いで大きく変わります。

また、いざトラブルに遭遇した時に、
対処法を想定しているかしないかで、
トラブル対応も変わってきます。

リスクの話を最初にすると、
みなさん、顔がこわばっていましたが、
どうしても、最初にお伝えしておかなければならないことでした。

その反面で、
リスクを気にし過ぎて、行動出来ない。

これが、実は一番のリスクなんです。

「リスクを知りながらも、
まずはやってみる。」

この環境を作るのが、
コミュニティの役割だと、
僕は考えています。

ギリギリのグレーゾーンが、
一体どこなのか?

ということは、
経験した人にしかわからないですし、

知識が経験に変わる瞬間を、
体感しなければ、

大きな結果を得ることは出来ません。

僕も、最初はそうでしたが、
小さな成功体験と失敗を繰り返し、
ひとつずつ積み上げていくしかないですから。

僕の役割は、
そういった事例を、

しっかりとツールやシステムに反映させ、
再現性の高い仕組みを構築することだと考えます。

僕自身も、ギリギリのラインを、
攻めていきたいと思います。

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

メルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA