日本のクレジットカードで購入できない、米国のネットショップから商品を仕入れる方法

 

 

 

こんにちは!

大越です。

 

欧米輸入をしていると、

海外のネットショップでしか購入できない商品などが多数あります。

 

物販ビジネスをしていると、

「仕入れは上流から」

 

というのが定石ですので、

 

アマゾンやeBay,ネットショップで見つけた商品の

メーカーや卸に交渉するのが最も安く仕入れられる方法です。

 

とは言いましても、

仕入れ交渉って大変じゃないですか!

 

ネットショップのセールやクーポンなどを利用すると、

結構、安い金額で仕入れられたりもしますし、

 

そもそも、日本に売っていない商品ですので、

需要がある商品であれば、

 

ネットショップ価格でも、

十分に利益がとれる商品はいくらでもあります。

 

無在庫販売であれば、購入は1個単位ですから、

毎回、仕入れ交渉をする訳にも行きません。

 

大抵のショップが、

ペイパルや日本のクレジットカードでの決済に対応しているので、

 

日本からでも、海外の商品を購入することは可能ですが、

決済が出来ない場合があります。

 

そんな時、どう対処したらよいか?

 

一番良いのは、現地のパートナーを雇うことです。

外注さんで問題ありません。

 

しかし、高額の商品の購入や、

お金のやりとりなどを考えると、

 

少なからず、リスクが生じてきます。

 

ということで、私はMYUSのパーソナルショッパーを利用しています。

 

アメリカ国内のネットショップにしか対応していないようですが、

市場は大きいので、様々な商品を仕入れることが可能です。

 

パーソナルショッパーサービスというのは、

かんたんに説明すると、買い物代行ですね。

 

MYUSが、私たちの代わりに商品を購入してくれて、

MYUSから、日本へ転送してくれるという仕組みです。

 

代行手数料として、

購入価格の約5%とられてしまうのですが、

 

ライバルとの差別化が出来ますね。

 

MYUS以外にも、海外の購入代行サービスはありますので、

利用しやすいサービスを選ぶとよいですね。
スクリーンショット_120215_032128_PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA