「EC化率からみる、プラットホーム攻略の重要性」物販事業に携わるなら0.001%の爪痕くらいは残しましょう^^

こんにちは。
雇われない生き方を推奨しています大越です!

本日は、1月16日のメルマガの一部を、
公開させていただきますね!

この記事の最後に、

メルマガの登録フォームを設けておりますので、

少しでも参考になった!

もっと詳しく知りたい!

ということであれば、メルマガへのご登録をお願いいたします^^

本日のテーマは、

「プラットホームの攻略」

僕の、ビジネスの実績も公開させていただいておりますので、

最後までお読みください^^

プラットホームの攻略

いきなりですが、
EC化率という言葉はご存知でしょうか?

まずは、
こちらの報告書をご確認ください。

平成 29 年度
我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備
(電子商取引に関する市場調査)
⇒ http://www.meti.go.jp/press/2018/04/20180425001/20180425001-2.pdf

経済産業省が出している報告書です。

こちらの6ページを参照していただきたいのですが、

「2017年のBtoC-EC市場規模は、
16 兆 5,054 億円(前年比 9.1%増)に。

EC化率は、5.79% (対前年比 0.36 ポイント増)。
※EC化率は物販分野を対象」

いわゆる、商品を購入する際に、
ECサイトで購入する割合を指します。

5.79%
〜〜〜

どう捉えますでしょうか?

ざっくり20分の1の商品が、
ネットで購入されているということです。

もちろん、
右肩上がりになっております。

16 兆 5,054 億円

という市場規模の中には、

デジタルコンテンツや、
楽天トラベルなどのサービスなども含まれており、

いわゆる、
僕らが従事している物販系のECは、

8 兆 6,008 億円 (2017年)

という市場規模です。

個人で、年商1億円とか、
こう見ると大したことないですよねw

物販系のECの市場の、
0.001%のシェアにしか過ぎません。

越境ECを含むと、
アリンコのようなものです…

なので、
まだまだやれるんですよ!

物販頑張りましょう^^

価格競争がどうのこうの
サスペンドがどうのこうの
言ってる場合じゃないっすね。

そして、

日本国内の3強とも言われる、

・楽天
・アマゾン
・ヤフー(ヤフオク、ヤフショ)

いわゆる、
販売プラットホームですよね。

この3つを合わせると、
たしか、7兆円くらいだったと思います。

8割以上の市場規模のシェアを、
3強が奪っているということになります。

アマゾンやりますか?
ヤフショやりますか?
自社のネットショップやりますか?

ということなんです。

たしかに、

プラットホームでビジネスをするということは、
規約に縛られます。

市場規模が大きいということは、
ライバルが多いということです。

なので、

・価格競争
・サスペンド

これは、
当たり前の話で、

そこに参入しないとなると、

市場規模の小さいところで、
地道に勝負をしていくことになります。

しかも、
自社サイトを運営しているライバルは、
大手企業だったり、
物販上級者だったり、
ウェブマーケティングの専門家だったり、
するわけです。

これは、
初心者には、
相当ハードルが高いことが、
わかっていただけるかと思います。

でもですね、

初心者の人ほど、
独自路線を走りたがる傾向にあります。

そして、

価格競争にのまれ、
プラットホームの洗礼を受け、
ライバルに太刀打ち出来ず、

市場の0.001%すらとることが出来ずに、
撤退を余儀なくされるのです。

はい!

ということで、
昨日の記事は読んでいただけましたでしょうか?

「ヤフショ工事」
⇒ http://yj-style.com/if-you-do-it-now-only-now/

こんばんは。
大越です。

(申し遅れましたw)

法律は、守らないといけませんが、
規約やモラルというのは、
まずは、稼いでから考えたら良いと思います。

ブラックはダメですが、
グレーは攻めるってことですね。

物販ビジネスを頑張ろう!

無在庫であろうが、
有在庫であろうが、
転売だろうが、
上流仕入だろうが、
自社商品であろうが、

売れる場所で、
売れる商品を、
安く仕入れて、
高く売る。

これが、
物販ビジネスです。

・需要と供給のバランス
・過去の販売データから分析
・アクセスを呼ぶための施策
・上位表示をさせるためのテクニック
・何よりも、購入者に喜ばれること

どうせ、
物販事業に携わるなら、
0.001%の爪痕くらいは残していきたいものです。

==========
年商1億円

目指しやすい数字で、
月商1,000万円

そのためには、
まずは、
年商1,000万円
==========

手法は、
なんでも良いと思います。

まずは、
初心者からでも、
転売でも無在庫でも、
目指せる数字だと思っています。

ここには、
やはり、

プラットホームの攻略が必要です。

・広告運用
・SEO対策
・外部対策
・商品ページのCVR改善
etc…

やることいっぱいですねw

では、

「ヤフショお取寄せビジネス」は?

出品しまくるだけですw
(「だけ」ではないですが…)

どうでしょうか?

興味ある方はいますか?

興味ある方は、
クリックしておいてくださいね^^

⇒ http://yj-style.com/
(いつも通り、僕のブログに飛びます)

今月末に、
素敵なご案内をさせていただきます^^

編集後記

………………
■ 編集後記
………………

以前、

ライン@にて、
アンケートをとったところ、

要望が多かったので、
スクール向けのコンテンツを、
メルマガ限定で公開させていただこうと思います。

「個人ビジネスで、年収1,000万円を安定的に稼ぎ続け、年商億単位規模のビジネスモデルを構築し、5年以内に将来の不安を生涯感じることなく自由に生きていく術を手に入れるための、10段階の成功ステップ2019年度版」

タイトル長いですがw

お時間あるときにでも、
ご確認ください!

・これからビジネスをはじめようとしている方
・最近、ビジネスを始めた方
・ノウハウコレクターの方
・なかなか収益が伸び悩んでいる方

そんな方に見ていただきたいです!

ライン@のお友達になっていない方は、
下記から申請が出来ます^^
⇒ http://muzaikoyunyuclub.com/line/

それでは!

本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA