相乗り出品で警告メールが来たらどうすればいい?

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は相乗り出品に関するトラブルについて紹介したいと思います。

相乗り出品というのは、他のセラーが出品している商品ページに便乗して販売する手法です。

ノーブランド品などを販売しやすく、取り扱える点数も多いことから

初心者から上級者まで幅広く活用されています。

しかし、こうしたノーブランド品には、出品者本人が作成した

“オリジナルブランド”として販売していることがあります。

これはOMEという方法で、オリジナルのタグなどを付けて商標権を主張しています。

また、そうすることで“その商品を独占販売”することができるので、

利益を出しやすくなるといったメリットがあります。

つまり、自分が独占販売をしているのに同じ商品を相乗り出品されると売上が落ちてしまいます。

そこで、OMEをしているセラーの方は対策として相乗り出品をしてきた人へ警告メールを送ります。

メールの内容にはオリジナル商品(商標権取得済み)なので相乗り出品を取り下げてほしい、

知的財産権を所有しているので対応に従わなければAmazonに通報するなどと警告をしてきます。

警告メールが来た時の対処方法

警告メールが来たら焦ってスグに出品を取り下げてしまいがちですが、

少し落ち着いて対処してみましょう。

まずは、相手の商品を注意深く観察してみてください。

警告メールを送ってくる人の中には商標権など取得していないこともあり、

ただのハッタリであることがあります。

きちんとした権利があるのか調べるには、出品されている商品画像を確認してみましょう。

タグやロゴが確認できなければ対応に応じる必要は、はっきりいってありません。

ですが、商品にオリジナルの“ロゴ”や“タグ類”が付いている場合には、

こちらが悪いのでスグに引き下がりましょう。

Amazonは偽物の取扱を禁止しています。

もしもOMEやオリジナル商品に相乗り出品した際、

購入者からロゴやタグがないので偽物かもしれないと、

Amazonに通報される可能性もあります。

そうなると、Amazonからの真贋確認調査が入るので最悪の場合、

アカウント停止のリスクがあります。

相乗り出品は初心者でも簡単にできる反面、こうしたリスクもあるので覚えておきましょう。

まとめ

相乗り出品をしていると、出品者から警告メールが来て驚くことがあります。

初心者の方は、焦ってスグに出品を取り下げてしまいがちですが、

必ずしも従わなければならないということはありません。

まずは落ち着いて相手の商品を確認することからはじめてみましょう。

相手の商品にロゴやタグがなければ、相手にこちらの出品を取り下げる権利は一切ありません。

逆に相手の商品がOMEやオリジナル商品であった場合は素直に応じましょう。

相乗り出品は簡単にできますが利益もそこまで高くはないし、

何より他のセラーから警告が来たりといちいち対応するのが面倒です。

やはり、一番良いのは自分のオリジナルの商品を作成して出品することだと思います。

 

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)

もっと詳しいプロフィール

半自動収益システム構築【10日間集中マスター講座】

メルマガはコチラ
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA