南の島でもらったパワー

こんにちは。
雇われない生き方を推奨しています大越です!

本日は、2月19日のメルマガの一部を、
公開させていただきますね!

この記事の最後に、

メルマガの登録フォームを設けておりますので、

少しでも参考になった!

もっと詳しく知りたい!

ということであれば、メルマガへのご登録をお願いいたします^^

本日のテーマは、

「幻の黒糖焼酎」

僕の、ビジネスの実績も公開させていただいておりますので、

最後までお読みください^^

■ 幻の黒糖焼酎

こんばんは。
大越です。

————————-
帰ってきた輸入ビジネススタートアップセミナー
⇒ http://muzaikoyunyuclub.com/import-seminarS/
(2月、3月のスケジュール更新しています。)
————————-

早いもので与論島3日目です。

天気予報を見事に裏切り、
めちゃくちゃ天気が良かったです^^

与論島の2月の天気は、
良い方が珍しいそうです。

どうでも良いですが、

「よろんとう」

ではなく、

「よろんじま」

だそうです。

与論島の人口は、
約5,000人だそうで、

年間に1人が1本飲まれているという、
与論島の黒糖焼酎があります。

その名も、

島有泉(しまゆうせん)

島外には、
ほとんど出回っていないそうです。

与論島の飲食店やカフェには、
島有泉が置いていないお店はほとんどないほどで、

インターネットでも、
希少な焼酎とも言われています。

年間で、約5,000本しか出荷されない、
与論島でしか手に入らない焼酎です。

米麹はタイ米から。
黒糖は、沖縄から。

カメ壺で発酵させ、
蒸留して瓶詰めラベル貼り、
という工程を見せていただきました。

小さい島の、
小さい酒蔵の、
島限定の焼酎。

もちろん、
他県に出荷することも、
営業をすれば出来るのでしょう。

しかし、

原料は調達するけれども、
あくまでも自社製造、
自社販売に徹するスタンスは、

なんだか、
感銘を受けました。

南の島で、
パワーをいただきました!

編集後記

他社の商品を、
他者のプラットホームで販売。

やはり、
このモデルからは、
なるべく早めに次のステージに移っていきたいものです。

・自社の商品
・自社のサービス

しっかりと作りこんでいこうと思います!

それでは!

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)

もっと詳しいプロフィール

半自動収益システム構築【10日間集中マスター講座】

メルマガはコチラ
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA