【輸入ビジネス】リスクマネジメントとレバッジについて

無在庫輸入クラブMYCの大越です。

※このブログは、2017年9月27日(水)に配信されたメルマガのバックナンバーです。

タイムリーで、メルマガを購読したい方は、
この記事の最後に、メルマガ登録ページがございます!
 

「リスクマネジメント」と「レバレッジ」

 

本日は、

「「リスクマネジメント」と「レバレッジ」」

という、テーマでお話をしていきます。

<MYC2期募集予定>

<リスクマネジメントとレバッジ>

 

リスクに対する考え方

 

リスクマネジメント(英語: risk management)とは、リスクを組織的に管理(マネジメント)し、
損失などの回避または低減をはかるプロセスをいう。
リスクマネジメントは、主にリスクアセスメントとリスク対応とから成る
(JIS Q 31000 「リスクマネジメント―原則及び指針」による)。
さらに、リスクアセスメントは、リスク特定、リスク分析、リスク評価から成る。
リスクマネジメントは、各種の危険による不測の損害を最小の費用で効果的に
処理するための経営管理手法である。

レバレッジ(英語: leverage)とは、経済活動において、他人資本を使うことで
自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率。
原義は「てこ(レバー、lever)の作用」。レヴァレッジ、リバレッジなど
カナ表記はいくつかある。レバレッジ効果、レバレッジ率などとも。
ギアリング(gearing)と呼ぶこともあるが趣旨は同じである。

ウィキペディアで調べると、
いつも余計、頭が混乱します…笑

リスクを把握し、事前に排除をしておく。
また、リスクがあった時に、
それを補う手段を準備しておく。

ひとつの行動に対して、
小労力で、成果を大きくする。

この二つを、
物販で考えるならば、

多販路戦略というのは、
とても理にかなっていると思います。

 

多販路戦略

 

「仕入先×販売先」

この組み合わせで、
販売手法というのは、
いくつでも手段が増えます。

まずは、
単一ルートから、
単一プラットフォームへ。

仕入先と販売先を、
組み合わせていく。

MYC2期では、
そんな取り組みをしていきます。

10月上旬頃に、
限定30名で、募集を開始します。

入り口は、
ここからだけです。

http://g-o-d-affiliatecenter.com/lp/14685/373216

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

メルマガに登録して、3大特典をゲット!

 

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ