音楽業界で売り上げを伸ばしているナチュラリズムとは

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヨーロッパを中心にナチュラリズムの音楽が流行していることをご存知でしょうか。

ナチュラリズムとは自然派を意味しており、J-POPのように歌詞はなく、

リラックスすることを目的とした音楽になります。

カフェなどで流れていることが多く、皆さんも一度は聞いたことがあると思います。

今回はオススメのナチュラリズム音楽を紹介します。

最近の音楽のトレンドは「癒し」を求めるユーザーが多く、

CDが売れない時代でもナチュラリズムの音楽は売り上げを伸ばし続けているので、

Amazon輸入ビジネスをしている方も注目しておきましょう。

エレメンツ

エレメンツはナチュラリズムの業界で3人のカリスマと呼ばれる内の1人である、

ルドヴィコ・エイナウディが製作したアルバムです。

彼は現代音楽作曲家としてキャリアをスタートさせ、

ビートルズの音楽に影響を受け、ポピュラー音楽を取り入れた経験もある。

最新作である「エレメンツ」は、すべての曲が落ち着いており、主張がしすぎない控えめな曲調になっています。

一般的な音楽によくある、サビの部分でテンポが早くなったり、曲調が激しくなるなどは一切ありません。

人間の鼓動や自然の感情に合わせており、肩の力を抜いて聞くことが、ナチュラリズムの楽しみ方です。

来日する予定もあり、日本での人気も高くなっています。

エッセンシャル・エイナウディ

エッセンシャル・エイナウディはルドヴィコ・エイナウディが製作した作品です。

彼はトリノ出身の作曲家兼ピアニストであり、ヨーロッパでとても人気になっています。

ピアノをメインにした楽曲になっており、心地の良いリズムが癖になります。

聞いているだけで安らぎを感じることができ、

時間の流れを楽しむことのできる優雅な気持ちになれるので、オススメです。

3つの世界:ウルフ・ワークス(ヴァージニア・ウルフ作品集)より

3つの世界:ウルフ・ワークス(ヴァージニア・ウルフ作品集)よりを製作したのはマックス・リヒターです。

彼はネオ・クラシカル音楽業界の二大巨頭と評されており、

クラシック音楽とポップ・ミュージックを融合させて楽曲が話題になっています。

特に注目されているのが、ヴィヴァルディの「四季」をポップににして、リリースした「Spring 1」です。

まとめ

人気の高いナチュラリズムの音楽作品3つを紹介しました。

このような音楽を輸入販売している方は少ないので、ライバルが少ない内に取り扱うことをオススメします。

ニッチなジャンルですが、一定の需要があるので、安定した売り上げを期待できます。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ