Amazon売れた商品からのリサーチ隠れた「キーワード」を探せ!?

【Amazon無在庫輸入:裏ワザ】第三回:売れた商品からのリサーチ#2「キーワードからぶっこ抜く」

こんにちは!

本日は、動画【Amazon無在庫輸入:裏ワザ】第三回:売れた商品からのリサーチ#2「キーワードからぶっこ抜く」をお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「キーワード」からぶっこ抜く?
前回の第2回目は「ライバルセラーからぶっこ抜く」という方法でした。
今回は、第3回目「キーワードからぶっこ抜く」について見ていきましょう。
どんな「キーワード」からぶっこ抜くの?
「ソースコード」に隠れたキーワードを探せ!
キーワードから見えてきた売れ筋商品とは!?

●仕入先は重要!セラーランキングが高いものをチェック!
●商品にたどり着くまでの「キーワード」がカギ!
●「meta name」を探し出し、売れる商品をぶっこ抜いてみよう!

仕入先は重要!セラーランキングが高いものをチェックすべし!

Amazonの無在庫輸入販売をするにあたって、とても重要なのが仕入先。
Amazon.com、仕入先の方でも売れている商品に注目して、
Amazon ベストセラーズやAmazon.com best Sellersというサイトから、
セラーランキングが高いものに注目してみましょう!

「meta name」に書かれているキーワードに注目!
「ソースコード」から「meta name」を探し出す!

どういうキーワードでこの商品にたどりついたのか?
そのキーワードを全部ぶっこ抜いてしまうと、売れ筋商品が見えてくる!?
商品ページを作る時に書かれた「ソースコード」。
このソースコードのなかから
meta name =”description”、meta name=”title”、meta name=”keywords”を
探し出してキーワードをピックアップ。
売れるものから、そして売れそうなものからキーワードを埋めてくるっていう形でもOK。
どんな商品を関連付けていけばいいのか?タイトルなど色々とぶっこ抜く!
では、ソースコードからキーワードを探し出すには?

出品数がたくさんある時はプライム商品だけで絞ってみる!

さらに評価が高いものに絞ってみる!
出品数がたくさんある場合には、プライムの商品だけ、さらに評価が高いものだけに絞ってみましょう。
アメリカでの売れ筋商品や売れているキーワード文から、売れやすい商品が見えてくるということですね。
日本で出品されていない商品を新規出品してみたりと、
日本のAmazon、アメリカのAmazonと両軸で活用してみるのがおススメです。

 

「キーワードからぶっこ抜く」いかがでしたか?
第2回のライバルセラーからぶっこ抜くに続いて、また別の角度からのぶっこ抜き方法の紹介でした。
ソースコードから
「meta name =”description”、meta name=”title”、meta name=”keywords”」を探しだす!
この一手間を加えることで、もっと世界が広がる?
ぜひ、お試しくださいませ。

メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA