【MYC通信】Amazonポイント vs ヤフーTポイント 喜ばれるのはどっち?

無在庫輸入クラブMYCがお送りするMYC通信、
金曜日担当の山内美樹です。

正月中、お餅12個食べると決意しましたが
10個位から分からなくなってしまいました★

さて今日は、多販路戦略に取り組むべき理由のひとつ、
ポイントについてお話ししていきます。

 

みなさんは、
AmazonポイントとヤフショのTポイント、
どちらが購入者が喜ぶ・欲しがると思いますか?

各サイトポイント還元率

あるECサイト調査会社で、主なサイトの
ポイント還元率を調べていました。

ーーーーーーーーーー
1位:楽天市場 31.1%
2位:ヤフショ 27.9%
3位:ポンパレモール 24.5%
4位:Wowma! 21.4%
5位:LOHACO 19.6%
6位:Amazon 11.9% (2017年4月調べ)
ーーーーーーーーーー

女性は特にポイント好きなので
購入時に気にする方も多いと思いますが

お餅の数も覚えられない私でも
Amazonポイントの少なさは把握できてますよ。

なぜならこんな風に自分のトップページで
「0」と常時見せつけられるから!

http://bit.ly/2AQuYB8

全購入履歴は76件。

一度もポイントはついていませんでした^^;

これは決してAmazonを
非難しているわけではないです。

AmazonあってのMYC多販路戦略ですので!

ただ、セラーとして
あんなにポイントをつけているのに〜

と、つい思ってしまいます^^;

その反面、Tポイントは提携先が多いので
気づくと1万ポイントほどはすぐ貯まり、

楽天ポイントも
全く意識してなかったにもかかわらず
気づくと1万5千ポイントに!

そんなに購入してないつもりだったので
ちょっとびっくりしました。

さすがポイント還元率 第1位です。

ちなみにポイントを使うのは
仕入れでも構いませんが、
私は経費で落とせないものに使うほうが
経理上得策としています。

購入者が欲しがる理由

購入者がポイントを欲しがる理由、、、

それは、貯まる嬉しさ、得した感、
いろいろありますよね。

それに加えて「Yahoo!」が行う

ポイント企画の多さが際立っています。

たとえば、Yahoo!カードから昨日きたメール。

Yahoo!JAPAN、LOHACO、GYAO!でのお買い物で

「手数料0円の「2回払い」で
Tポイント・1000ptプレゼント。
手数料はかかりません」

・1月30日まで期間限定
・エントリーが必要
・2万円以上のお買い物
・ポイント利用の期間固定

というしばりはありますけど

ファミマでもドトールでもどこでも
使う場所に困りません。

お小遣い稼ぎに最適の【Tポイント】Q&Aメールでも
ちょこちょこ増やせたり。

ヤフショ以外でもこうした追撃があり、

購入者が欲しがる理由を繰り出しています。

一方、AmazonポイントはAmazonでの買い物のみで

マイルにもどこにも移行できませんネ。

くどいようですが非難ではありません。

販売者のポイント負担は?

ヤフショでセラーが負担する
ポイント費用はというと、

1. ストアポイント(税込販売価格の)1%
2. ボーナスポイント充当分(税込販売価格の)1.5%

このふたつの合計2.5%が、売れたときに必須です。

※ボーナスポイントとは、
企画イベントの際に充てられる負担金。

あとは任意で、14%まで自由にポイントを上乗せできます。

初期費用、月の固定費、売上ロイヤルティをなしにして

ポイント費用負担というやり方に、

ポイントをいかに重視しているか、

が伝わってきます。

Amazonを軸にしたツールで
らくらく多販路戦略、
ぜひぜひご検討ください。

明日は、年が明けてもホリデー隊長、
一条さんです。お楽しみに!

最後までお読みいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ