輸入するべき海外製のプロテイン

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本でも数多くのプロテインが販売されていますが、

トレーニングの本場であるアメリカはたくさんの種類のプロテインを販売しています。

アメリカでは中学生から本格的に体を鍛え始める人が多く、

筋肉質な体型であることが1つのステータスと考えられています。

海外製の方がプロテインの質が高く、値段も安くなっています。

実際、日本のトレーナーは海外製のプロテインを使っている人がほとんどです。

人気のプロテインや選び方などを紹介します。

効果の高いのはタンパク質の含有量

効果の高いプロテインを見分ける方法はタンパク質の含有量になります。

基準としては1食で20g以上のタンパク質を含んでいるのが目安です。

20g以下だと筋肉トレーニングの効率が悪くなります。

海外製のプロテインは20g以上の含有量が当たり前です。

値段で選ぶ

海外のプロテインは高品質ながら、リーズナブルな値段で売られています。

効果の面でも値段の面でも海外製のプロテインがオススメです。

プロテインは日常的に摂取するので、コスパの良いものを選びましょう。

超本格派「ゴールドスタンダード」

アメリカで売り上げナンバーワンの商品がゴールドスタンダードになります。

ボディービルダーやアスリートが使用するほどの人気です。

1食分のタンパク質含有量が24gとプロテインの中でも最高品質の商品です。

国産のプロテインのタンパク質含有量は16〜18gなので比較すると違いが一目瞭然。

低脂肪なのでダイエットのためにトレーニングしている人にもオススメです。

ホエイプロテインアイソレートという高品質な成分を配合しているので、吸収がとても良く効果を実感しやすい内容になっています。

次世代のプロテイン「コンバットパウダー」

日本で使用している人は少ないですが、アメリカでは人気が急上昇している商品です。

人気の理由が長時間に渡って体にアミノ酸やたんぱく質を補給してくれるところです。

ホエイ、カゼイン、エッグという吸収の仕方が違うプロテインを混ぜ合わせることで、

タンパク質の吸収を長時間、維持することができます。

例えば、寝ている時や空腹の時も常にタンパク質を吸収してくれます。

このプロテインが主流になる可能性が高いです。

まとめ

日本でも性別問わず筋トレしている人は多くなりました。

それと共にプロテインの需要も年々増えています。

日本国内では日本製のプロテインを使用している人が大半ですが、

海外製のプロテインの良さに気づけば確実に人気がでます。

ライバルが少ない内に海外製のプロテインを輸入してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ