【輸入ビジネス】MaaS(Mobility-as-a-Service)が移動手段を変える!自動車はどうなってしまうのか

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「輸入ビジネス」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MaaSというモビリティサービスが世界的に話題となっています。

果たしてどのようなものでしょうか。

MaaSとは

MaaSとは、移動手段を車や自転車の所有という「モノ」で提供するのではなく、

「サービス」として提供するシェアリング・エコノミーのことです。

都市部を中心に、個人の自動車保有離れが起き始めている今、将来性のある画期的なプロジェクトであるとされています。

MaaSを使うには、まず、ユーザーがどこからどこまで行きたいかを決めます。

例えば、AからB地点に行きたいと思ったとして、それをMaaSサービスサイトに打ち込むと、

どの公共機関を使ってどの経路で行くことができるかというのを詳細に見ることが出来ます。

そしてユーザーがその経路でよいと判断したら、バスや地下鉄、タクシー、

レンタカーを継ぎ目無く乗り継いで目的地まで運んでくれるというサービスです。

MaaSが誕生した理由

MaaSができた理由には大きく分けて二つあります

都市部に人口が集中するため

まずは都市部に人口が今後集中していくことが理由の一つです。

世界的に地方から都会への人口移動が年々加速しており、

2050年には全人口の70%が都市部へ移住すると言われています。

そうなった場合の交通渋滞や排気ガスなどによる環境問題を解決する糸口が必要とされています。

少子高齢化のため

もう一つの理由は、世界的に少子高齢化が叫ばれている昨今では車の販売台数が劇的に減るのではないかと予想されているからです。

アメリカやヨーロッパの自動車メーカーは既に車の販売台数を減らしてきており、MaaSの取り組みに本腰を入れてきています。

MaaSは世界にどのような影響を与えるか

MaaSが広まっていくことによる影響を説明していきます。

事故が減る

自動運転車が自宅の前で待機してくれるようになるので、これまでのように自分で車を保有し、

目的地まで運転しなければならなかった手間が無くなります。

これにより、居眠り運転や、飲酒運転などによる事故がなくなると言われています。

子供やお年寄りが自由に移動できる

車を持たないと遠くまでいけなかった子供や、運転免許を返上したお年寄りが、

自由に好きな場所へいくことができるようになると言われています。

まとめ

MaaSとは、人々がより便利に快適に移動できる交通手段を提供するサービスでした。

自動車の需要が減少すると、自動車カー用品市場も縮小すると考えられるので、

輸入ビジネスでカー用品を扱っている方は情報収集を忘れないようにしてくださいね。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA