サッカーワールドカップ目前のいまがチャンス

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気のあるスポーツのビックイベントは、応援グッズ、記念商品、

限定商品など様々な物が販売され、多くのファンが購入します。

つまり、スポーツに関する大きなイベントは、

Amazon輸入ビジネスをしている方にとってたくさんの利益を出すチャンスです。

間近に控えているビックイベントといえば、「サッカーワールドカップ」になります。

今回は次期サッカーワールドカップで着用される、新ユニフォームについて紹介します。

新ユニフォームは「勝色」

新ユニフォームと共に公開された公式ポスターには香川選手と青い甲冑を装備した侍が写っています。

先日おこなわれたブラジル戦で、初のお披露目となりました。

6大会連続でワールドカップ出場を決めた日本の新ユニフォームのコンセプトは、

勝利への魂で染め上げた「勝色(かちいろ)」です。

サッカー日本代表の特徴といえば、鮮やかな青色をイメージしますが、

今回のメインカラーは深く濃い藍色になります。

この色は、戦国武将たちが戦に出陣する際に鎧の下に身につけた色になり、

ここ一番の大事な時に使用される日本の伝統的な色です。

深く濃い藍を出すためには、布を叩きながら染める必要があるため、

「叩く=褐(かつ)=勝つ」という勝利への験担ぎの意味も含まれており、

この色が選ばれた理由の一つにになります。

元々、藍染はジャパンブルーとして伝統カラーです。

今回のユニフォームは原点に戻り、サムライジャパンの勝利を応援する意味が込められています。

こだわりは、色だけではありません。

首元にVネックを採用した理由は、VICTORY(勝利)をイメージして採用されており、

その部分には日本を象徴する日の丸の赤色を配色されています。

首元の内側には、サインオフロゴが採用されており、過去5大会分のユニホームのデザインがミックスされています。

今まで積み上げてきた20年間の歴史を胸に込めて、戦いに臨む強い姿勢を表しています。

すでに日本代表のユニフォームは発売されています。

・日本代表 ホーム(オーセンティックユニフォーム)、15,120円
・日本代表 ホーム(レプリカユニフォーム)、9,709円

まとめ

今回は一般的に発売されている、日本代表のユニフォームを紹介しましたが、

輸入販売に向いている商品はニッチな商品になります。

例えば海外チームの応援グッズ、ワールドカップ日本代表とコラボした商品などが挙げられます。

このような商品は市場に出回りにくいので、高値で売れる可能性が高いので、オススメです。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA