次に輸入する商品はこれで決まり『ワンダーウーマン』

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今、全米で話題になっている『ワンダーウーマン』というコミック実写映画をご存知でしょうか?

日本では2017年8月25日に公開されました。

アメリカでは日本よりも一足先に公開されて空前の大ヒットになっています。

日本上陸前に総興行収入が7億ドルを突破するなど、異例の大ヒットとなった本作。

『ワンダーウーマン』の海外での評価、感想、今後の影響などについて説明します。

この映画の関連グッズも人気がでそうなので、

映画には興味がなくても、輸入ビジネスをしている人は必見です。

すでに人気爆発

『ワンダーウーマン』は日本に先がけ既に世界60カ国以上で公開されています。

全世界でのトータル興行収入が7億790万ドル(日本円で約803億円)を記録したことで非常に話題になりました

この作品が今までのコミック実写化映画と違う点は、主人公が女性というところです。

今まではスパイダーマンなどコミックの主人公は男性でした。

ワンダーウーマンは女性の強い部分を描いている作品。

メッセージの内容は「女性は男性が想像している以上に強い」ことを強調しています。

この作品の監督であるパティ・ジェンキンス監督は、女性監督としての歴代1位の初週興行記録を獲得。

男性優位とされるハリウッド映画界で、女性監督、女性が主人公の作品が

ここまでヒットするのは異例中の異例と言っても良いでしょう。

ヒットを支えているのが、これまでアクション映画、ヒーロー映画には見ないとされていた観客層です。

アメリカでは通常、スーパーヒーロー映画は男性客が60%以上を占めるとされていますが、

本作の観客は50%以上が女性。

この映画を見た女性の感想は、

「私たちが待ち望んでいたものが全て詰まっていた。75人以上のワンダーウーマンファンの女子が集結したわ。」

「女性がヒーローになる作品を待ち望んでいたの」など大絶賛する声がほとんどです。

映画に限らず最近のブームの中心は女性にあると考えて間違いないでしょう。

日本にブームが来る前に輸入を急げ

世界的にヒットした映画は高い確率で日本でも流行するのが常識です。

『ワンダーウーマン』の関連グッズ、書籍は人気になることが予想されます。

まだ日本には本格的なブームが来ておらず、関連グッズを輸入している人も少ない状況。

参入者が少ないうちに商品を輸入しておくと、本格的にブームが来たときに大きく儲けることができます。

輸入ビジネスの基本は「人気のでる商品を誰よりも早く輸入すること」です。

まだ輸入ビジネスを初めていない人もこれを機会に始めてみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA