マインドブロックを外して、 アクセルを踏めるかどうか

こんにちは。
雇われない生き方を推奨しています大越です!

本日は、12月5日のメルマガの一部を、
公開させていただきますね!

 

この記事の最後に、

メルマガの登録フォームを設けておりますので、

少しでも参考になった!

もっと詳しく知りたい!

ということであれば、メルマガへのご登録をお願いいたします^^

 

本日のテーマは、

「無在庫販売の限界値と有在庫に切り替えるタイミング」

 

僕の、ビジネスの実績も公開させていただいておりますので、

最後までお読みください^^

 

無在庫販売の限界値と有在庫に切り替えるタイミング

 

こんばんは。
大越です。

スマホで完結するビジネスモデル
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まさに、
時代にマッチしていますよね^^

僕が、無在庫はじめた頃は、
データ収集するツールは市販されていましたが、
そこからの効率化は、
エクセルが主でした。

コピペを一行間違えて、
絶叫したことも何度もありますw

売上通知が、やたら来るな!
と確認すると、

赤字商品が売れまくっている…

みたいな経験をしながら、
人は強くなるものです。笑

最近のツールは、
本当に、ワンクリックでどうのこうの、
ということが可能になり、

しかも、
ノウハウ自体もブラッシュアップされて、
再現性の高いものが増えています。

ですので、

誰でも稼げる時代が、
やってくるのか?

と、期待もしておりますが、

結局は、
パレードの法則の2:8の法則は、
常に働き、

2割の強いセラーが、
8割の売上シェアを持っていくのです。

しかし、
インターネットという広い市場での、
残りの2割を、

8割のセラーで奪いあったとしても、
個人レベルでの収入源としては、
かなり大きなものとなります。

なので、
8割の弱者である僕ら個人事業主は、
パワーセラーに真っ向勝負しても勝てません。

いわゆる、
ランチェスター戦略ですね。

・規約の隙間を狙った戦い方
・ライバルがやりたくない場所を攻める
・いわゆるズラし

戦い方というのは、
常に、自分のリソースを考えて、
今出来ることを、
全力でやっていく。

そして、
知識、経験、事業資金など、
リソースというものは積み上がるので、

自分のレベルを上げてから、
強いライバルと戦えば良いのです。

無在庫販売の大きなメリットとして、
とにかく数を出品すれば、
基本的には、売上が上がっていくことです。

もちろん、
売上が立つスキーム、
つまり、ゼロイチを突破している前提です。

しかし、

出品数を上げるという行為は、
リスクを伴います。

諸刃の剣になりかねません。

例えば、

1,000品出品して10万円売上を作れれば、
1万品出品すれば100万円売上を作れます。

基本的には、
出品数と売上は比例するものです。

しかし、

10万円売上を作るのに、
10,000品の出品をしていたら、

100万円売上を作るためには、
10万品の出品が必要になります。

つまり、

アカウントリスクが、
10倍になるということなんですよね。

少ない出品数で売上を上げるためには、

・CVRの高い商品を扱う
・高価格帯の商品を扱う
・ライバルが少ない商品を扱う

この3つとなります。

しかし、
これを行うためには、

ある程度精度の高い商品選定が必要になります。
高価格帯の商品を扱うと、
別なリスクが生じてきます。

なので、

結論から言ってしまえば、

アカウントリスクは背負った状態で、
出せる商品を片っ端から出す。

これが、
実は一番手っ取り早いです。

2、3ヶ月で、
月収100万円を達成するか、
アカウントを飛ばされるか…

まさに、
デッド オア アライブ

生きるか死ぬか?

の世界です。

とは言っても、
そんなかんたんにはアカウントは飛びませんので、
(もちろん、ちゃんとやってれば前提です)

マインドブロックを外して、
アクセルを踏める人が、
無在庫販売では、結果を出しやすいです。

結果を出した後に、
色々考えれば良いんですね。

もちろん、
アクセル踏みすぎて事故ってしまった場合でも、
学ぶことはたくさんあります。

アカウントと引き換えに、
大きな学びを得たと思えれば、
必ず、次につながります。

良くも悪くも、
結果が出るまでは、
アクセルを踏み込む。

上手くいったら、
ブレーキを踏んでいく。

一般的には逆ですけどね。笑

で、今日のタイトルの件、
「無在庫販売の限界値と有在庫に切り替えるタイミング」

ですが、

このブレーキを踏みはじめたら、
少しずつ在庫を持っていくと良いかなと思います。

フルスピードで走ってきたので、
いろんな景色が見れるようになってるので。

1年、2年、
無在庫販売をやっている方は、

今日の僕の話は、
結構しっくりくるのではないかと思います。

それでは!

PS.

今日は、無在庫販売で、
めちゃくちゃ実績を出している人と、
動画撮影をしてきました。

やっぱり、
経験値を積んでるからこそ、
無在庫の実績があっても有在庫に切り替えていますね。

無在庫で突き抜ける。
上流仕入の物販に進む。

今後のゴールデンルールになりそうです^^

なので、
最初のハードルは低い方が良いですよね。

僕も、もうすぐで、
スマぽちシステムをリリース出来そうです^^

色々とお楽しみに!

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA