集客できないのはSNSを使ってないから!?

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回はLINEを使った集客方法や売り上げの伸ばし方を説明しました。

(前回の記事は「知らなきゃ損!LINEを活用して利益を上げる」になります。)

今回はSNSを使った集客について紹介します。

輸入ビジネスやネットビジネスをしている方でも、SNSを上手く利用できていない方が多いため、

上手く使うことができれば、ライバルと差をつけることができます。

SNSに慣れていない方も、すぐに実践できるように、必要な部分だけを簡単に説明します。

最後までお読みいただければ、売り上げがアップすること間違いありません。

Facebook

SNSの中で、可処分所得が多いユーザーがメインであり、ビジネス効果が期待できるのがFacebookです。

大企業から中小企業まで多くの企業が、Facebookを利用して集客に力を入れています。

若年層のユーザーは比較的少なく、30代以上のユーザーが多いので、

ビジネスマンが興味を持ちそうな投稿をすることで、効率的に集客することが可能です。

1人につき1つのアカウントしか持てないことがデメリットになります。

Twitter

匿名で使用することもでき、複数のアカウントを運用できるのが、Twitterの特徴です。

子供から大人まで幅広い年齢層が利用しているため、様々な商品をリーチできます。

Facebookと比べ操作が簡単で、メールアドレスさえあれば始めることができるので、

SNSに慣れていない方はTwitterから始めることをオススメします。

ツイートには文字数が制限されていることがデメリットです。

Instagram

若い女性の間で流行しているSNSがInstagramになります。

雑貨商品、化粧品、アパレルなどはInstagramとの相性が良く、

そのようなジャンルの商品はInstagramを使って宣伝するのがオススメです。

写真がメインになるので、商品を撮影した写真をそのままアップするのではなく、

加工して見栄えを良くすることで、より集客が見込めます。

費用は掛かりますが、有名なInstagrammerに商品をアピールしてもらうことで、

多くのユーザーにリーチすることが可能です。

まとめ

今回は、SNSの中でも有名なFacebook、Twitter、Instagramを紹介しました。

これらのサービスはSNSという括りで、同じように扱われることが多いですが、

ユーザーの属性、ニーズなどそれぞれ違いがあります。

大切なのはそれぞれのユーザーに適した運用をすることです。

バズさせることができれば、急激に利益が伸びることも夢ではありません。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ