【Amazon輸入】日本にも影響?海外のハロウィンの変化

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月が終わり次のビッグイベントといえばハロウィンです。

5年ほど前から日本でも定着し、渋谷では通行規制されるほどの規模になっています。

日本では仮装するだけの人がほとんどです。

海外のハロウィンでは子ども達が仮装して「trick or treat」といって、

1軒1軒家を回ってお菓子をもらうのが定番。

海外のハロウィン事情に変化がでてきました。

それが「Teal Pumpkin Project」です。

Teal Pumpkin Projectとは

Teal Pumpkin Projectの意味はアレルギー持ちの子供たちが

ハロウィンを楽しめるように配慮されたプロジェクトです。

アレルギーの子供達が楽しめるようにお菓子の代わりに玩具や文房具などの

別のものをあげる工夫がされています。

Teal Pumpkin Project で配られているものは以下のようなものになります。

・ブレスレット

・ネックレス

・消しゴム

・鉛筆

・笛

・スーパーボール

・トランプ

Teal Pumpkin Projectはより安全でみんながハッピーになれるハロウィンを願って立ち上げられた、

今世界で注目されているプロジェクトです。

 アレルギーがハロウィン最大の問題点

ハロウィンと言えば、子供たちが仮装をして近所の家を訪れ、

キャンディーをもらう「Trick or Treating」が最も楽しみなイベントです。

近年では、子供たちの食べ物アレルギーが深刻化しており、

特にハロウィンで配られるキャンディーには添加物や着色料が多く含まれています。

アレルギーを持つ子供たちは、もらったお菓子を食べることができず、

この楽しい Trick or Treating に参加できず、ハロウィンを諦め、悲しい想いをしていました。

アレルギーを持つ子供たちも楽しめるように、

Food Allergy Community of East Tennesseeという団体によってTeal Pumpkin Projectが設立されました。

テーマは青いカボチャ

「Teal Pumpkin Project」の「Teal」とは、英語で「濃い青緑色」という意味です。

なので、このイベントでは青色のカボチャをメインキャラクターに採用しています。

青いカボチャのお化けを飾っている家はTeal Pumpkin Projectを支援してる人の家になります。

こうして見分けることができ、アレルギーのある子供達もハロウィンを楽しむことができます。

まとめ

アメリカで徐々に定着しているTeal Pumpkin Projectプロジェトですが、

日本でもハロウィンがとても盛り上がっているので、

日本でもこのプロジェトは普及する可能性があります。

青いカボチャのお化けを先駆けて日本に輸入しておくと、

大きく儲けることができるかもしれません。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ