アメリカの最新教育・STEMの教材が人気

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

STEMという言葉をご存知でしょうか?

子供の教育に関する言葉で、英単語の頭文字をとってつくられた言葉になります。

・Science(科学)
・Technology(テクノロジー)
・Engineering(エンジニアリング)
・Mathematics (数学)

これらの科目を個別に学ぶのではなく、この4つの要素を組み合わせた一つの科目として総合的に学びます。

今までこのような学習スタイルはなかったですが、さらに大きく違う点は理論を重視して教える方法です。

実践を最優先して教えています。

なので、教育の内容は子供達がやりたくなるような教育プログラムで構成です。

先進国アメリカの最新教育について紹介します。

アメリカで実際に使われている教材を輸入すれば日本でも人気がでるので、輸入ビジネスをしている人は必見です。

STEMを使った教育現場

もうすでにアメリカの教育現場ではSTEMが取り入れられています。

時代の流れにいち早くフィットするのがアメリカの強みです。

小学校

小学生はSTEM教育の初級レベルのことを学びます。

小学校の間は子供達にSTEMを知ってもらうために様々な方法でアプローチします。

時には学校の外に出て学ぶこともあります。

中学校

中学生になるとより本格的なSTEMを学ぶことになります。

より強い興味を持つ生徒はSTEMに関連した仕事に将来就くことを意識します。

高校生

高校生になると、授業の内容はより実際の仕事に直結する内容になっています。

この段階になると実際におこなう仕事内容と同じレベルの教育を受けます。

子供に興味を持たせるにはおもちゃを使う

子供に興味を持っても洗う手段として効果的な方法はおもちゃを使うことです。

遊びながら学ぶことを実践すれば子供は意外と簡単に興味を持ってくれます。

日本ではまだおもちゃと言えば「知育玩具」になりますが、海外ではSTEM関連のおもちゃが非常に増えています。

特に自分でゼロから組み立てられるロボットは子供達に大人気です。

これからの時代、プログラミング、科学、工学の知識はさらに重要になります。

子供の時にこれらの基礎を学んでおけば、必ず役に立つときがきます。

まとめ

日本の教育環境も大きく変わろうとしているタイミングです。

生徒の一人一人タブレットが配布され黒板ではなく画面を見て勉強している光景が当たり前になっています。

しかし、他の先進国と比べると日本の教育は遅れています。

子供向けのプログラミング教室ができるなど、日本も徐々に教育に対する考え方が変化している時期です。

STEM関連の教材を輸入すれば、教育に対して意識の高い層に売れる可能性が高く、

子供の教育に対しては財布の紐も緩くなる人が多いです。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ