大谷フィーバーの本当の理由は「カネ」でなく「野球愛」を追求した精神に共感したから?

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大谷翔平選手が大リーグに渡り、活躍を見せていますが、

「大谷フィーバー」が起きている理由の一つに「カネ」でなく

純粋な「野球愛」を追求した精神に感動した人が多かったからと言われています。

果たしてその実情はどのようなものでしょうか。

大谷選手と他の日本人選手との違い

近年日本からメジャーに渡った選手は、ダルビッシュ有、田中将大、前田健太と、

高額年俸所得者ばかりで、数年で100億レベルの報酬を受け取っております。

それに比べ、大谷選手は2億6000万円と破格の値段なのですが、この大きな理由に、

日本でのプロ経験年数がわずか5年で、FA権を執行できなかったことがあります。

さらに、メジャーでは25歳未満だと、契約金の上限があり、

大金を支払うことができないというルールもあります。

大谷選手の野球愛がカネに勝った

日本人選手は25歳まで待てば複数年契約が確立でき、大金も手にすることができるというルールがあります。

さらに、昔から多くのメジャーリーガー達は、お金を重視し、

ファンを裏切ってまで長年育ててくれたチームを去り、

条件のいいチームに移籍するのは日常茶飯事になっています。

そんな中、大谷選手が23歳という若さで渡米を決めたのは、

「早く大きな舞台で活躍したかったから」という純粋な野球愛に裏打ちされるものでした。

この大谷選手の意気込みに対し、アメリカの人々は「近年稀に見る若手が誕生した。しかも日本からだ。」と感動し、

絶大な人気をつかむことになりました。

大谷フィーバーは本当なのか?

日本では全米で大谷フィーバーと連日報道されていますが、実際のところ、温度差は少なからずあるようです。

なぜなら、アメリカという国自体の国土があまりに広く、人々の趣味も多種多様で、

そもそも野球を見ない人の方がたくさんいると言われているからです。

さらに、アメリカで野球人気は年々下降気味です。

全米でフィーバーしたと言えば、最近では日本の「ピコ太郎」やK-POPの「江南スタイル」くらいです。

大谷は歴史を塗り替えることはできるか

メジャーで累計696本塁打を打って大活躍し、現在は解説をしているアレックス・ロドリゲス氏は

「大谷が出場する試合は高校野球ではないかと勘違いすると」言いながらも、

今はまだ新婚旅行状態で、今後はどうなるかわからないと懸念しています。

まとめ

大谷フィーバーの所以としては、大谷選手の「純粋な野球愛」だったということでした。

地元のエンゼルススタジアムだけでなく、アメリカ全土にまで大谷選手の知名度が知れ渡るようになってほしいものですね。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA