結婚式が変わる!?これから流行る「ラスティックウエディング」

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

冠婚葬祭という言葉があるように、結婚式は人生の中でとても大きなイベントです。

人生の晴れ舞台なので、たくさんのお金をつぎ込んで、挙式をあげられる方がたくさんいます。

結婚式でも使えるおしゃれなドレス、カバンなどを輸入販売することで稼ぐこともできます。

Amazon輸入ビジネスにとって、結婚式は大きく稼ぐことができるチャンスです。

今回、紹介するのは海外で流行している「ラスティックウエディング」です。

聞きなれない言葉ですが、今後日本でも流行する可能性が高いので、この機会に覚えておきましょう。

ラスティックウエディングとは

ラスティック(Rustic)は、「素朴」や「飾り気のない」という意味を持つ言葉です。

一般的に結婚式といえば、ホテルや街中にある結婚式場で豪勢な食事に

きらびやかな装飾品使って挙ることをイメージすると思います。

しかし、ラスティックウエディングは豪勢な結婚式とは正反対になり、

シンプルかつナチュラルで、飾り気のないウエディングスタイルになります。

結婚式場は、ホテルや街中ではなく、アウトドアに最適な自然に囲まれた場所でひらかれ、

気持ちのよい日差しを浴び、自然に癒されながらおこなうのが特徴です。

少し前には「山ガール」なども流行しており、自然に興味を持つ女性も増えているので、

日本でも人気になることは間違いないでしょう。

具体的な式の内容

日本でもラスティックウエディングをおこなうことができます。

有名なリゾート地である軽井沢で、すでにラスティックウエディングを挙げられている方もいます。

式の内容は、自然の中でテントを張り、木材で作られたイスやテーブルをセッティングして結婚式が始まります。

提供される料理は地産の食材が使用され、デザートとして季節の草花や果物などがだされます。

夜は、たき火を囲んでソファーを並べ、星を見ながらゆっくりと時を過ごすのが人気です。

今までの結婚式は賑やかで騒がしく、家に帰ると疲労感を感じるのが当たり前ですが、

ラスティックウエディングは自然に囲まれ、落ちついた式になるので、疲労感を感じることがなく、気持ちをリフレッシュできます。

必要なモノ

自然の中でおこなわれるラスティックウエディングでは。派手なドレスや衣装はNGです。

女性の場合は、アンティーク調のワンピース、男性の場合は、ラフなシャツやジャケットがオススメになります。

カバンなどの持ち物もできる限り、落ち着いたモノを選ぶようにしましょう。

まとめ

ラスティックウエディングが本格的に日本で流行すると、

落ち着いた雰囲気のドレスや小物などが売れることが予想されるので、

今の時期から輸入販売できる準備を整えておきましょう。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA