無在庫販売でサスペンドからリスクヘッジするために必要な3つの考え方

無在庫輸入クラブMYCの大越です。

このブログは、2018年7月23日(月)に配信されたメルマガのバックナンバーです。

タイムリーで、メルマガを購読したい方は、この記事の最後に、メルマガ登録ページがございます!

 

無在庫販売のリスクヘッジをする方法

転売で、月収100万円を稼ぐっていうことが、
最近では、結構スタンダードになってきました。

月収100万円達成!といったら、
僕がネットビジネス始めた頃は、
スーパースター扱いだったのですが、

ノウハウやツールなどが、
どんどん進化しているため、
再現性が高くなっているのかと思います。

特に、無在庫販売ですと、
稼ぐために必要なことといえば、

ステップ1:初期設定
ステップ2:とにかく出品
ステップ3:アカウントを守り通す

これだけです。

うまくいかない条件として、

1、何らかの理由でアカウントが作れない

割合で言うと、
(ざっくりですが)

1→1割
2→2割
3→1割

なので、その他の6割は、
収益ー化に成功しているイメージです。

そして、
不慮のアカウント停止というのも、
運が悪かったりもするのですが、

3のサスペンド以外の9割の人が、
本来であれば収益化に成功するのが無在庫販売
なんですよね。

なので、

2、出品する時間が作れない

この理由で収益化出来ないのは、
もったいないと思いませんか?

そして、実践する人の、
約15%がサスペンドによる理由で、
うまく収益化することが出来ないのが現状です。

また、

その15%のリスクがあるからこそ、

参入障壁のあるビジネスとも言えます。

ただ、僕らは、

サスペンドになる理由が大体把握出来ているので、
対策を打った状態で15%です。

なので、

独自で無在庫販売を始めようとすると、

もっと高い確率で、
アカウントを止められてしまうと思います。

そして、最悪の状況を考えて、
事前にリスクヘッジをしておくことが、
もっと重要だと考えます。

無在庫販売で重要な考え方

無在庫販売で重要な考え方は、
以下の3点となります。

1、サスペンドになる可能性があると事前に知って取組む
2、サスペンドにどうしたらなるかを事前に知って取組む
3、最悪、サスペンドになった時のことを準備しながら取組む

もちろん、
サスペンドになんてならない方が、
絶対に良いですし、

ちゃんと対策さえしておけば、
継続して効率的に再現性高く稼げる手法と言えます。

シンプルに言えば、

「無在庫販売は、アカウントを守ったもの勝ち」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あとは、淡々とオペレーションを回すだけ。

・継続して出品をする
増やすというよりは、定期的に入替を行う
(普通のお店を考えればわかるかと思います)

・プラットフォームの規約に則って運営をする
(ここを勘違いしている人が多いです)

・顧客視点を忘れない

これを、ちゃんとやっていないから、
プラットフォームに嫌われて、
アカウントを止められる。

「差別化」

を勘違いして、

・規約違反の商品を出品する。

「顧客視点」

をまったく無視して、

・在庫がないから、赤字だからといって、勝手にキャンセルする。
・顧客対応が面倒だからといって、メールや電話を無視する。

アカウントが止まる原因って、

別に「無在庫販売」だから、
ではないということを認識している人も、
実は少なかったりもするんですね。

無在庫販売=サスペンドリスクがある

という前に、

ちゃんとビジネスとして、
事業として捉えられていれば、
大体のケースは回避できます。

無在庫セラーが、
プラットフォームにとって、

・取り扱い商品点数を増やしている
・通常では扱えないような商品を販売出来る
・単純に売上に貢献している

こういった、
メリットを与えているのが現状です。

ただ、こういった裏側で、

一部の悪質なセラーや、
適当な事業者のおかげで、

取締りを厳しくせざるを得ない、
というのが現状です。

なので、

残念なことに、

ちゃんと運営をしていても、
アカウントを止められることがある。

いわゆる「運が悪い」

なので、

無在庫販売を取組むにあたり、

まずは、

リスクヘッジの前に、

「健全なアカウントの運用」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「プラットフォームで商売をさせてもらっている意識」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここが、一番重要です。

ここが抜けてしまうと、

いくらリスクヘッジをしていっても、
単純に、イタチごっこです。

 

無在庫販売を有在庫でリスクヘッジする

最近、一番有効な手法だと感じるのは、

「売れ筋商品の有在庫化」

これを行うことで、

販売母数の底上げが可能になります。

ただ、

僕ら無在庫セラーって、

とにかくリサーチが苦手w

頭ではわかってるんですが、
なかなか「有在庫」って発想にならないんですよね。

また、輸入の場合だと、

価格差がとれて、
販売数が期待できる商品

を、見つけられたとしても、

商品がFBAに納品される頃には、

価格競争に巻き込まれるw

なんてこったー!

なので、

そうだ!せどりをやってみよう!

とか、思ってみたものの、
実際めんどくせぇ…

ちょっと、
無在庫アカウントを守るための、
有在庫戦略を色々と考えております。

赤字前提でも、よいっちゃ良いんですが、
どうせなら儲かる商品の方が良いですよね!

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

メルマガに登録して、3大特典をゲット!

 

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ