輸入転売初心者がAmazonで狙うべき商品

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Amazonの輸入転売を考えている方は今ではかなり増えました。

しかし、輸入転売初心者の方はどのような商品を扱えばわからないという方がほとんどです。

そんな悩める輸入転売初心者にAmazonで狙うべき商品の極意を教えます。

早速、結論から言うと以下の2つの条件を満たしている商品を狙いましょう。

Amazonの売れ筋ランキング10000位以降の商品

仕入れ原価の低いもの

なぜこの条件が重要なのか説明していきます。

 

売れ筋ランキング10000位以降の商品を狙う理由

重要なのが10000位以降の商品を狙うことです。

この10000位とは直近のAmazonの売れ筋ランキングではありません。

「3ヶ月平均で10000位以降」という意味です。

10000位以降のものを狙う理由は競争が少ないからです。

10000位以内の商品はよく売れる商品なので多くの人が同じ商品を輸入転売します。

なので、すぐに競争過多になってしまい激しい価格競争になります。

この価格競争に勝つためには独自の仕入れるルートが必要になります。

独自の仕入れルートやコネクションがない場合、価格競争に勝つことは困難です。

なので10000位以降の商品はライバルが少なく、激しい価格競争をする必要がありません。

30000位くらいまでの商品がライバルも少なく、安定して売れるためオススメです。

 

仕入れ原価=リスクの秘密

転売輸入をする上で大事なことは赤字をださないことです。

輸入転売初心者が失敗するやり方は

「利幅の大きい、商品単価の高い商品を扱う」ことです。

このやり方は間違いではないです。

しかし、輸入ビジネスに慣れていない状態では、

様々なトラブルや失敗を経験していない分、思わぬところでつまづいてしまう可能性があります。

よくある失敗例をあげると

仕入れた商品が輸入できない

輸入した商品が販売できない状態

このように商品になにかトラブルがあると、仕入れに使ったお金がすべてマイナスになります。

このような失敗で大きな損失をだして輸入転売をやめた人は数えきれません。

なので、できるだけ仕入れ原価の低い商品を扱うことで、

トラブルがあっても損失を最小限に抑える工夫が必要です。

まとめ

Amazonの輸入転売初心者が気をつけるべきことは2つです。

ライバルの少ない商品を狙う

仕入れ原価を安く抑える

一回の取引で大きく稼ぐことよりも、

コツコツ積み重ねて地道に経験を積んで、堅実に稼ぐことを目標にしましょう。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ