大人気のポケモンが実写化!?このチャンスを逃すな

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1990年代、ゲームソフトとして発売された「ポケモン」。

爆発的な人気で当時の子供達はポケモンに夢中になっていました。

ゲーム以外にも、テレビアニメ、映画、グッズ、など幅広く展開しています。

その人気は日本だけでは止まらず、アメリカ、韓国、オーストラリア、ヨーロッパなど様々な国でも愛されています。

最近ではPokemon GOがリリースされ、世界各地でポケモン旋風を巻き起こし、社会現象までになりました。

最初のゲームが発売されてから20年以上経ち、ついにハリウッドでポケモンの実写化されることが決定したのはご存知でしょうか?

子供達に大人気のポケモンは輸入ビジネスしている人も必見です。

ストーリーは「名探偵ピカチュウ」!?

ストーリーの内容は一切公開されていませんが、

2016年2月3日に発売されたニンテンドー3DSソフト「名探偵ピカチュウ」の内容に沿った物語になっていると噂されています。

名探偵ピカチュウの物語は主人公のティムは「ある目的」のため、人間とポケモンが共存する街「ライム・シティ」に訪れました。

その街でピカチュウと出会うとこから物語は展開していきます。

このゲームに登場するピカチュウは少し生意気で美人の女性にメロメロになるという、

今までのピカチュウとは違った設定になっており、いつもとは違ったピカチュウを見ることができます。

豪華な脚本家

ハリウッドで公開されることもあり、制作費や実写化ポケモンを支えるスタッフ達はとても豪華なメンツになっています。

脚本を担当するのは日本でも2014年に公開され大ヒットを収めたのが映画

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の映画を手がけた、脚本家のニコール・パールマンです。

ニコール・パールマンはコメデイ要素の強い脚本をすることが有名で、彼に脚本が決まれば、笑あり涙ありの映画になると思われます。

ハリウッドの資金力、CG技術力、ノウハウをフルに活用すればこれまでにないポケモン映画が誕生すると思われます。

まとめ

任天堂が誇るキラーコンテンツ「ポケモン」は今もなお、ゲームやキャラクター関連の商品が売れ続けています。

実写化映画がPokemon Goを上回る人気を獲得することができるのか?

業界関係者は実写化映画の今後の動向に注目しています。

ポケモンの商品は日本にはない海外限定のグッズなどがあるので、

ポケモンのコアなファンをターゲットに輸入して販売するとかなり儲けになると思います。

ポケモンが大流行した時代の子供達は、20代の大人になっているので購買力もあります。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA