【輸入ビジネス】自分の人生をかえるのは「自分の決断」です

無在庫輸入クラブMYCの大越です。

※このブログは、2017年11月13日(月)に配信されたメルマガのバックナンバーです。

タイムリーで、メルマガを購読したい方は、
この記事の最後に、メルマガ登録ページがございます!
 

今年は、いくら稼ぎましたか?

 

本日は、

「今年は、いくら稼ぎましたか?」

という、テーマでお話をしていきます。

<自由なライフスタイルがいいですよね>

<共感していただける人も多いのでは?>

 

サービス業をしていた時の話

 

僕は、ずっとサービス業に従事していたので、
土日祝日を休むという文化がありませんでした。

いわゆる不定休という業種で、

盆暮れ、正月
ゴールデンウィーク
シルバーウィーク

基本的に、休むことはありません。

その変わりに、
どこかでまとめて一週間の連休
なんて、休みの取り方も出来ませんでした。

平日の休める日に休む…

というスタイル。

ただ、

平日に休むとどうなるか?

自分は休みでも、
会社は動いているので、

何かあると、
容赦無く電話が掛かってくる。

逆を言えば、
仕事をキッチリやっておけば、

希望休がとれる
休みの日も平和

ということには、、、

ならない…

不慮の事故
不慮のクレーム
不慮のスタッフの欠勤

心休まる日は、
ありませんでした。

サービス業の方は、
共感いただけるのではないでしょうか?

 

自分の決断

 

休みの日に電話が鳴ると、

ビクッ!となりますよね(笑)

出勤の日は、朝から晩まで働き、
休みの日は、心休まらない。

そんな状況で、
年収は、400万円弱。

ちょっと良い車を新車で購入したら、
もう無くなってしまうくらいの収入でした。

しかも、車を買っても、
乗る時間はほとんどありません。

でも、そんな自分の状況の中、

土日祝日休み
年収1,000万円の
エリートサラリーマン

マジで、嫉妬でしかなかったです。
コンプレックスってヤツですね。

世の中、不公平だ!
って、思ってました。

でも、残念ながら、

「今の自分は、過去の自分の積み重ねでしかない。」

サービス業を選んだのも自分
良い企業に就職出来なかったのも自分
その状況を我慢するだけだったのも自分

自分の人生を変えられるのは、

周りにいる誰かではなくて、

「自分の決断」

でしかありません。

 

負けない!

 

僕を奮い立たせたひとつの記事
http://toyokeizai.net/articles/-/118815?page=2

この時思ったこと…

「人間は、平等じゃない…」

「マジで、ふざけんな…」

「世の中、不平等だ…」

「俺は、もっと頑張ってる…」

そして、

「ぜってーに、負けねー!」

昨年までは、

「絶対に雇われる生き方に戻らんぞ!」

という気持ちで、
ビジネスに取り組んできました。

今年は、

「エリートサラリーマンに負けないぞ!」

という気持ちで、
ビジネスに取り組んできました。

安月給上がりの個人事業主を舐めんな!

って、感じです。

「出勤の日は、朝から晩まで働き、
休みの日は、心休まらない。」

この働き方を、
「会社のため」ではなく、
「自分のため」に変えました。

僕の生活を支えてくれるのは、
会社ではなく自分になりました。

しかし、
年収は大きく変わりました。

ライフスタイルも大きく変わりました。

 

決めたことをやりぬく

 

「決めたことをやり抜く」

人生を変えるためには、
それしかないと思います。

時間がない
お金がない
知識がない
勇気がない
etc…

言い訳なんていくらでも出来ます。

そして、
人のせいにすることもかんたんです。

詐欺でしょ
嘘でしょ
グレーでしょ
etc…

稼ぎたくないなら、
最初から夢なんて描かない方が幸せだと思います。

でも、
僕は、イヤです。

自由なライフスタイルが、
良いです^^

お金も
時間も
人間関係も

ストレスのない生き方をしたいです。

だから、
お金を自分の力で稼ぎます。

稼いだお金で、
自分の好きなビジネスをするんです。

そのビジネスが、
僕の周りの人が幸せになることの、
何かきっかけになれば、
嬉しいです。

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

メルマガに登録して、3大特典をゲット!

 

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA