第五回【2019年最新事情】無在庫販売は、どれから始めるべきか?

全世界貿易トレーダーズシステム開発中の大越です。

本日は、第5回目となるのですが、
少しずつ具体的な話をしていきたいと思います。

今までに、
こんな話をしています。

第一回「改めて、3末ってすごいよね」
http://yj-style.com/muzaiko-reiwa-0401/

売れる商品群を、
その商品が売れる時期を先取りして、
出品をしておくと爆発するという事例を、
お話させていただきました。

第二回「無在庫販売から見える未来」
http://yj-style.com/muzaiko-future-0402/

無在庫販売は、
あくまでもビジネスのスタートアップ、
その先の未来を見据えて取組むべきである。
という考え方をお話させていただきました。

第三回「無在庫販売の基準値」
http://yj-style.com/muzaiko-standard-0403/

実店舗の閉店を事例として、
無在庫販売が、
いかにリスクが低く再現性の高いビジネスモデル
であるかをお話させていただきました。

第四回「無在庫販売の価格設定」
http://yj-style.com/muzaiko-price-0409/

既成の商品を転売
販売力のあるプラットホームを活用
ネット上で仕入れられる商品を扱う
これが、王道の無在庫販売になるのですが、

ライバルとの差別化をしていくには、
要は、自分のショップから商品を購入してもらうには、
最も大きい要因であるともいえる、
僕なりの販売価格の設定の考え方を、
お話させていただきました。

今までお話させていただいたのは、

大括りの部分での、
無在庫販売に関する話でした。

無在庫販売の仕入先×販売先×配送方法の組合せ

では、

具体的には、

仕入先×販売先×配送方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

という、組合せの中で、
どの組み合わせが良いのだろうか?

という部分を、
これからお話をしていきたいと思います。

その前に、本日は、

初心者から無在庫販売に取組む際に、

これは、やらない方が良い。
という2つの販売先をまずお伝えしたいと思います。
(個人的な考え方ですので、ご参考までに)

まず、原則として、

無在庫販売は、

「ビジネス」です。

という部分は抑えておきたいところです。

と言った意味で、

まずは、

「フリマアプリを活用した無在庫販売」

販売先としても、
仕入先としても、

ビジネスとしての無在庫販売には、
不向きとなります。

原則として、
CtoCのプラットフォームですので、
基本的には、手を出しません。

・メルカリ 
・ラクマ
・オタマート
etc…

といったフリマアプリは、
仕入先として安く仕入れることも出来ますが、
事業者ではなくて、一般の方が販売をしています。

取引に問題ない場合が、
ほとんどではありますが、

・偽物をつかまされる
・中古を新品として販売している
・そもそも商品が届かない

という仕入に対する不安があります。

在庫を持って、
仕入れた商品を検品してから販売する。

古物商免許を取得して、
リサイクル、リユースとして、
販売するということであれば、
ある程度の問題は防げるかなと思います。

あ、とは言いましても、
フリマアプリを活用すると、
価格差も取りやすいですし、
差別化もしやすいので、
難易度としては低いです。

ただ、

ビジネスとして、
無在庫販売に取組むには、
ちょっとリスクが高いかなと、
個人的には考えます。

そして、

もうひとつが、

「自社ネットショップ」

ですね。

オススメしない理由はかんたんです。
初心者では基本的に稼げないからです。

ネット上に、
自分のお店を構えて、
出口戦略としてのサイト売却。

なんて考えると、
めちゃくちゃ夢がありますよね^^

でも、

残念ながら、

右も左もわからない状態で、
ネットショップを構築して、
一生懸命出品をしたとしても、

。。。。

売れません。
(経験済みです。笑)

・ショップのコンセプトメイキング
・商品ラインナップ
・集客力
・顧客対応
etc..

こういったスキルを身に付けた上で、
取組むことで、
夢のような話になってくるわけで、
初心者が、ゼロベースで取組むには、
ハードルが高いです。

ですので、

・フリマ絡み
・ネットショップ構築系

このふたつは、
個人的には、オススメしません。

なので、

プラットフォームを活用した、
無在庫販売に取組むのが、
良いかなと思います。

………………
■ 編集後記
………………

今回で5回目の配信ですが、

無在庫販売に特化してメルマガを書いていると、
自分の頭の中の整理にもなりますね。

自分で書いてても思うのですが・・・

やっぱ、

無在庫販売って、

良いよね〜!

と、思います!

それでは!

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)

もっと詳しいプロフィール

半自動収益システム構築【10日間集中マスター講座】

メルマガはコチラ
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA