MCレンズという特殊なレンズが話題!近視の進行を抑える眼鏡とは

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

近視進行を抑える眼鏡として、「MCレンズ」が成長期の子を持つ母親たちの間で話題になっております。

果たしてどういったものでしょうか。

MCレンズとは

これまで近視の進行を抑制する眼鏡としては、「単焦点」という単一の焦点に効果を絞った眼鏡が主流になっていました。

しかし、これは手元や暗所での作業が多ければ、近視を進行させてしまうというデメリットがありました。

そこで、「多焦点」というひとつのレンズに複数の度数を組み込み、

近くの見え方も、遠くの見え方も矯正することのできる眼鏡である「MCレンズ」が作られました。

MCレンズの効果

あるクリニックでは、成長期の子供にMCレンズをかけてもらい、

成長期が終わると言われている18~21歳までの実験結果を記録してみました。

すると、「単焦点」のレンズをかけた場合と、MCレンズをかけた場合とで比べると、

後者の方が15%も近視抑制効果がありました。

これは、成長期に子供の身長が伸びていくのと同時進行で、

目の内側にあるピント調節機能も変化、成長をしていくからです。

しかし、いくら近視を抑制するといっても、眼鏡だけにたよるのではなく、

その他の予防対策も実施していかなければなりません。

バイオレットライトが近視を抑制

子供の近視の低年齢化が続いていくなかで、外遊びをする子供はそうでない子供に比べて

近視になるリスクが低いと言う研究結果がでています。

なぜなら、パソコンやスマホなどの電子機器の液晶画面を見る機会が減るからということだけでなく、

バイオレットライトという目の近視を抑制する太陽の光を目に入れることができるからです。

オフィスでも、窓を閉めて仕事をした場合と、窓を開けて太陽の光を浴びながら仕事をした場合とでは、

後者の方が近視が進むリスクは低かったと言われております。

JINSが近視抑制レンズを販売

大手眼鏡専門店のJINSが近視を抑制する「バイオレットライト」が目に届きやすく作られたレンズの販売を始めました。

これは、「光オプティマイザー」という独自の設計方式を採用しており、

ブルーライトや有害な紫外線を遮断する作りになっています。

最初は子供用のみで販売されていましたが、大人にも「バイオレットライト」が効果的であると判明してからは、

大人用も販売されています。

まとめ

MCレンズとは、子供の近視の進行を遅らせることができる眼鏡で、

近視予防にはそれ以外にも様々な方法があるということを説明しました。

くれぐれも眼鏡に頼ることなく、有害なライトを遮断し、目にいい光だけを取り入れていきたいですね。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ