次に来るブームは「Hygge」

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在、アメリカでは「Hygge」という新しい価値観が大流行しているのはご存知でしょうか?

日本では聞き馴染みのない言葉なので知らない方がほとんどだと思います。

本記事では、「Hygge」について説明します。

新しい文化や価値観には必ずビジネスチャンスがあるので、

Amazon輸入ビジネスをしている方も覚えておいてください。

Hyggeとは

Hyggeはデンマーク発祥の北欧の伝統的なライフスタイルになり、日本語では「ヒュゲ」と発音します。

言葉の意味は「心地いい時間や空間を楽しむ」「家族との時間を楽しむ」などと翻訳され、

具体的な言葉の意味はなく、抽象的な気持ちや空間を表した言葉です。

デンマークは人口570万人の小さな国ですが、「世界一幸せな国」と評価されています。

働き方やライフスタイルが見直されている今、デンマークの人々の価値観や考え方に共感し、

ライフスタイルに取り入れる人がたくさんいます。

Hyggeのライフスタイル

日本では、「忙しく働くこと」や「お金による経済的な幸福」などが

普遍的な価値観として根付いていますが、Hyggeのライフスタイルは全く違います。

「自分の好きなインテリアに囲まれながら読書を楽しむ」、

「家族、恋人、親しい友人などと食事をしながら楽しい時間を過ごす」など、

くつろぎや安らぎのある時間をとることを優先的に考えます。

このような文化の背景には、日本と北欧の幸福を感じる尺度に大きな違いがあります。

富や名誉などを求め、ブランド品を身につけたセレブな生活を追い求める人が日本には多くいます。

反対にデンマークでは、日常の些細な幸せを大切にしています。

Hyggeの価値観を取り入れるためには、根本的な考え方を直す必要があります。

Hyggeに必要なアイテム

Hyggeのライフスタイルを取り入れるためには価値観を変えるだけでなく、

インテリアや家具なども揃える必要があります。

用意するアイテムは最新家電や高価な商品ではありません。

自然な暖かさを感じることができる物を集めるようにします。

手頃な価格で購入することができる商品は以下の3つになります。

・ブランケット
・キャンドル
・アロマ

まとめ

アメリカでは心の豊かさを重視する、Hyggeが爆発的な勢いで流行しています。

この波は必ず日本にも来ることが予想されるので、

できるだけ早い段階からHyggeに関する商品を輸入して販売できるようにしましょう。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA