今年海外で流行しているハロウィンの仮装

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

クリスマスやバレンタインと並び、日本に定着したイベントといえばハロウィンになり、

東京の渋谷では毎年コスプレをした若者たちで溢れかえっています。

今や社会現象にまでなっているハロウィンは、Amazon輸入ビジネスをしている方も注目するべきイベントです。

流行に敏感な若者はアメリカで流行っているコスプレを取り入れる方も多く、

人気のコスプレ衣装を輸入することで大きな利益を生みだすことができます。

なので、今回はアメリカで流行しているコスプレを紹介します。

ハロウィンまであともう少し、ぜひこの機会を逃さないでください。

ゾンビ

以前からハロウィンの定番コスプレとして人気のある「ゾンビコスプレ」ですが、

今年はアメリカはもちろん、日本でも人気の「ウォーキング・デッド」が大流行しました。

テレビでも特集が放送され、関連書籍も発売されるほどの人気があり、

今年のゾンビコスプレは例年よりもはるかに多くなることが予想されます。

ヒーロー

「スパイダーマン」、「パワーレンジャー」などの映画が公開され、アメリカでは大きな話題になりました。

スパイダーマンは日本でも有名ですが、パワーレンジャーの知名度は低く、

コスプレする人が少ないため衣装で目立ちたいと考えている人にはぴったりの衣装となっています。

アベンジャーズのメインキャラクターである「アイアンマン」、「キャプテン・アメリカ」、

「ホークアイ」、「ハルク」、「ブラック・ウィンドウ」、「ソー」のコスプレを集団でして楽しむ若者もいます。

ディズニーキャラクター

今年は「美女と野獣」が実写化で公開され、大ヒットを記録しました。

その他にも大人気シリーズである「パイレーツ・オブ・カリビアン」も公開され、

主人公のジャック・スパロウの衣装は男性からの人気が強く、海賊のコスプレをする方が多くなると思われます。

女性の方はプリンセスや魔女のコスプレをする方が多く、「アナと雪の女王」、「ラプンツェル」、

「白雪姫」が特に人気になり、毎年アメリカから衣装を取り寄せる方もいるほどの人気になっています。

まとめ

ハロウィンの人気のコスプレはその年に話題になった、「映画」、「アニメ」、「漫画」、

「芸能人」などが大きく影響しており、毎年人気のコスプレには変化があります。

ハロウィンのコスプレをアメリカから輸入して販売する場合は、

1年間の流行をチェックしていち早く輸入して販売することをオススメします。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA