輸入ビジネス者も必見のフリマアプリ

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
近年、注目を集めているアプリがフリマアプリ(フリーマーケットアプリ)です。

今までのインターネットにおけるCtoCの流通市場はヤフオクなどのオークション形式がメインでしたが、

販売から購入まで全てスマホだけで完結できる手軽なフリマアプリが人気になっています。

手軽にお小遣い稼ぎができるので、ユーザーのほとんどは主婦や若年層になり、今後も勢力を拡大することが見込まれます。

すでに様々な種類のフリマアプリがリリースされており、今人気のアプリから今後人気になりそうなアプリまで幅広く紹介します。

Amazon輸入ビジネスも同じ個人販売なので、ライバルの動向をチェックしておきましょう。

メルカリ

フリマアプリでダントツのユーザー数を誇る「メルカリ」。

テレビCMなどで一度は見かけたことはあると思います。

日本国内でも大ヒットしましたが、今は日本を飛び出しアメリカでもサービスを開始して、大人気になっており、

特徴はスマホファーストのとても使いやすいデザインと機能性になり、誰でも簡単に使いこなすことができます。

ユーザー数が多いのですぐに売れることが多く、出品してから半数の商品が24時間以内で売れてしまいます。

らくらくメルカリ便というサービスもあり、利用することで名前と住所が購入者にわからないようになっています。

安心して利用できるところもメリットの1つになり、販売手数料は売れた金額の10%になります。

ラクマ

楽天が運営するフリマアプリになり、国内ではメルカリに次ぐ人気になっています。

人気の理由は手数料が完全無料のサービスです。

知名度や使いやすさの面ではメルカリには及びませんが、料金や楽天ポイントが使えるなどのサービスの質や幅広さは負けていません。

ユーザー数は急増加しており、今後もシェアを拡大していくことは間違いありません。

ショッピーズ(SHOPPIES)

古くからあるフリマアプリといえば、ショッピーズです。

女性に特化したファッションサービスになり、出品されているメインの商品は洋服、バッグ、アクセサリー、化粧品になります。

ファンションのコーディネートを投稿して、それを見たユーザーがその商品を購入すると

コーディネートを投稿した人にインセンティブが支払われる点が他のフリマアプリとの違いになります。

まとめ

今のフリマアプリは総合的に商品を扱うものからニッチな商品だけを扱うアプリなど様々なものがあります。

フリマアプリで人気の商品は輸入ビジネスでも共通して人気のある商品多いので、フリマアプリで売れ筋の商品にも注目することをオススメします。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ