【Amazon輸入】便利な輸入ツールの落とし穴

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入/無在庫販売」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

輸入ビジネスにおいて、とても便利な仕入れツールですが過信は禁物です。

輸入ビジネス関連のブログでは度々、無料ツールが便利だという風に紹介されていますが、

それだけでは利益の出る商品を見つけるのは難しく、

無料ツールはあくまでも仕入れる時のサポートとして活用するのが理想です。

輸入ツールの弱点

Amazonで販売する時に使用する輸入ツールでは、商品を検索する時に、

「ASINコード」を利用します。

これは、Amazon特有の識別コードで国内Amazonと海外の商品とが

つながっている(管理されている)ということです。

大勢のセラーたちがこの輸入ツールを使っているので、

単純に同じ商品の価格競争をしているだけです。

一昔前までは、Amazonセラーの数はごくわずかで、ライバルもほとんどいませんでした。

しかし、最近では輸入ビジネスについてメディアや雑誌で度々取り上げられるようになり、

新規参入してくる人たちが急激に増えました。

新規のセラーたちは他の人と同じ道筋をたどるので、同じ商品を仕入れ、

価格競争を繰り返し、それに疲れて撤退していきます。

輸入ビジネスというのはそれほど難しいものではありませんが、

100人が挑戦し利益を出し続け、生き残れるのはわずか数人です。

つまり、他の人と同じことをしていては利益が出せないということです。

輸入ツールの意外な使い方

ツールの使用自体がダメという訳ではありませんが、

ツールに頼らずに利益のでる商品を探す力が必要です。

一番効率が良いのは、Amazon以外の海外サイトからの商品リサーチです。

海外Amazon以外での仕入れで定番なのがebayなどのオークションサイトがあります。

ですが、オークションサイトでは商品が流動的に変わるので、

常に利益を出せる商品を見つけるのは困難です。

そこでおすすめなのが海外のメーカーと直接交渉して卸してもらう手法です。

輸入ツールを使用していると、検索できない商品に出会うことがあります。

これはASINコードで管理されていない商品なので、ライバルが存在しない、

あるいは少ない証拠です。

そこで、その商品を取り扱っているメーカーに直接交渉して個人契約を取る方法です。

個人での契約には応じてくれないことが多いですが、交渉次第で卸してくれることがあります。

他のセラーが出品している商品をセラーIDで抽出すると、

ASINコードで繋がっていない商品を見つけることができます。

そのセラーの方は、メーカーと直接契約をして商品を卸してもらっているという証です。

まとめ

輸入ツールではASINコードで管理されている商品しか検索することができません。

ですが、それを逆手に取りAmazonで販売されていない新規の商品を探し出すことができます。

輸入ツールは慣れない初心者や仕入れのサポートとして使うのが理想です。

他のセラーと同じことをやっていても、利益を出すことはできません。

今回紹介した手法は、輸入ビジネスで成功するための一例ですが、

自分で考え、模索することで新たなビジネスチャンスをつかむことができます。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)

もっと詳しいプロフィール

半自動収益システム構築【10日間集中マスター講座】

メルマガはコチラ
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA