クリスマスグッズは大きなチャンス

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハロウィンが終わり次の年内最大のイベントは、クリスマスです。

クリスマスは昔から日本に定着しているイベントですが、

ハロウィンと同じで毎年規模が大きくなっています。

イルミネーションやクリスマスツリーなど、商業施設や街の飾り付けが華やかになる季節です。

クリスマスの見本市「クリスマスワールド2017」が今年もフランクフルトで開催されています。

イルミネーション、クリスマスツリーなどクリスマス関連する商品を中心に取り扱っています。

この展示会に出品されている商品は、最新のクリスマスグッズから

デザイン性の高い商品まで数多くのものを取り揃えており、日本のバイヤーも注目しています。

今回は、クリスマスワールド2017について紹介します。

日本では販売されていない、デザイン性の高い商品がたくさん販売されているので、

Amazon輸入ビジネスにぴったりです。

最大級の規模

ヨーロッパの中で2番目に大きい展示会場になり、東京ビックサイト約8倍の広さです。

前回は、45ヵ国から953の企業や団体が集まり、115ヵ国から約4万人の来場者が訪れました。

バイヤー、卸売り業者などがメインになり、毎年来場者数が増加しています。

ここで展示されているクリスマスグッズは最新のトレンドを取り入れたものになり、

世界各国で人気のある商品が展示されています。

インテリアとしても人気

クリスマスに関連性のある商品がメインですが、花器、造花、小物など

インテリアとして使用できる商品も取り揃えています。

ヨーロッパから出店している企業が多く、日本にはない洗練されたデザインがたくさんあります。

クリスマスに関係なく、1年中使用できる商品は安定して売れ続けるので、オススメです。

Trend Show

この展示会の一番の見所になるのが「Trend Show」になり、

ドイツのトレンドエージェンシー、ボラ・ヘルケ・パルミザーノ監修の特別展示です。

色、素材、デザイン、全てにおいて最新トレンドになっており、

この展示を見るためだけに訪れる方も少なくありません。

この空間演出はショップデザインにも取り入れられています。

まとめ

海外で開催される展示会には、日本では販売されていないおしゃれな商品がたくさん出品されています。

日本のバイヤーも足を運び、輸入していますが、市場に出回る量は少ないので、

Amazon輸入ビジネスをしている方には大きなチャンスのある商材です。

ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ