カプセルおもちゃが外国人にも人気!

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カプセルおもちゃと言えば、子ども時代に誰もが一度は経験したことがあると思います。

駄菓子屋やショッピングセンターの中に必ずカプセルおもちゃコーナーが設置されていました。

目当てのおもちゃが出るまで夢中で回した人も多いのではないでしょうか。

そんな日本ではお馴染みのカプセルおもちゃが外国人たちの間でブームになっているそうです。

今回は、外国人の間でブームになっているカプセルおもちゃについて紹介したいと思います。

外国人にウケる理由①中身が見えない

カプセルおもちゃの外観パッケージにはおもちゃの種類が表示されていますが、

実際に回してみないと何が当たるか分かりません。

その“何が入っているか分からない”という所が外国人にウケているようです。

カプセルおもちゃは海外に無い珍しさが人気な理由の一つになっています。

外国人にウケる理由②小銭を使いやすい

他国の通貨は分かりにくいので、どうしても小銭が増えてしまいます。

カプセルおもちゃは100円〜500円程度の小銭で回すことができ、

旅行中に余った小銭で買えるのも人気の理由で、外国人観光客の多いエリアでは

カプセルおもちゃの売上が3倍以上になったそうです。

外国人にウケる理由③バラエティーの豊富さ

最近のカプセルおもちゃには、日本で人気のアニメキャラクターのフィギュアや、

「寿司」の模型などがあり、これを日本のお土産として購入して行く外国人旅行者が増えています。

格安の割にはクオリティも高く、様々な種類のカプセルおもちゃ自販機があります。

中には、奇妙な物や外国人には理解できないような商品があり、そこが外国人にウケる理由にもなっています。

第3次カプセルおもちゃブーム到来

1970年代に登場したカプセルおもちゃは、時代に合わせて進化を遂げてきました。

登場から80年代にかけて第1次ブームで、ウルトラマンや怪獣のおもちゃが当時の子どもたちに大人気でした。

1990年代になると、おもちゃの精巧さが進化しました。

色分けされたフィギュアや造形も非常に良くなり、子どもから大人まで夢中になれる第2次ブームです。

そして、現在カプセルおもちゃ業界で最大のシェアを誇る「バンダイ」によると、

現在カプセルおもちゃは第3次ブームが到来しているようです。

これをきっかけにバンダイでは、過去に販売した懐かしの人気商品を「復活販売」

させると発表しており、カプセルおもちゃの文化を海外にさらに広めて行きたいと意気込んでいます。

まとめ

今後はさらに外国人のカプセルおもちゃブームに火が付きそうです。

カプセルおもちゃの商品はAmazonでも取り扱っているので、海外からの購入者も増えるかもしれません。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA