キャンピングカーが今大人気!輸入車と国産車の違いとは

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キャンピングカーが今国内外問わず、人気を博しています。

寝泊りできるだけでなく、長距離移動もできる、

その完成度の高さから今や動くホテルと表現されるものも出てきています。

今回は、そんなキャンピングカーの種類はどういったものがあるのか詳しく見ていきます。

軽キャンピングカーとは

軽自動車をベースとした、軽キャンピングカーという種類があります。

軽キャンピングカーのメリット

やはり軽自動車をモデルにしているだけあって、車体価格と税金が安いです。

さらに、サイズがコンパクトなので、山道や狭い道路などを通るときに小回りがききます。

軽キャンピングカーのデメリット

軽キャンピングカーはエンジンの排気量が660ccしかなく、

それにも関わらずその他もろもろの設備を備えているので、重量がとても重いです。

なので、高速道路を走行する場合70キロから80キロ程度しかスピードが出ず、追い越し車線に出る余裕などありません。

国内産キャンピングカーとは

国内産キャンピングカーのメリット

日本で作られたキャンピングカーの魅力は、製造が日産やトヨタなどの国内社発なので、サービス拠点が多くあること。

そして、欧米と比べて「キャンピングカー支援設備」がない場所でも稼働することができるような仕組みになっていることです。

国内産キャンピングカーのデメリット

国内産キャンピングカーの弱点は、社内内装のデザインの乏しさに加え、

国内では商用車としての販売が多いので、走行性能が悪いというものがあります。

外国産キャンピングカーとは

外国産キャンピングカーのメリット

海外のキャンピングカーは、コンパクトでフル装備の洗練されたデザイン性に加え、

大型でがっしり感がありながらも低燃費で高性能です。

外国産キャンピングカーのデメリット

デメリットとしては、大型車が多いので、小回りが利かない、

維持費やその他経費もろもろが高くつく、などがあります。

キャンピングカーは投資対象としても人気

近年の株高や仮想通貨のブームで、一気に資産を蓄えた個人の投資家が、

キャンピングカーを買うケースが増えています。

なぜなら、キャンピングカーは希少性が高いので、中古だとしても値下がりが起きにくく、

分散投資対象として優れているからです。

まとめ

様々なキャンピングカーの種類について見てきましたがいかかでしたでしょうか?

国内産、海外産、軽自動車モデル、それぞれメリットデメリットがあり、

何がいいかは個人の判断によるところが大きいですね。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ