ブクマの影響で「本」が売れている

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近では、「メルカリ」など中古流通市場が整備されており、人気を集めています。

その中でもホットなサービスが「ブクマ」です。

ブクマは中古本専門のフリマアプリになり、誰でも簡単に中古本を出品することができます。

今では、Amazonで安く中古本を仕入れて、ブクマで高く売って利益を得る方も増えている状況です。

この記事ではブクマの使い方から上手に売るためのコツを紹介します。

2次流通市場が整備され、本は今からますます人気の商品になるので、

Amazon輸入ビジネスをしている方も注目しておきましょう。

バーコードを読み込んで出品する

本のバーコードを読み込むだけで出品することができます。

このサービスは、「最短10秒で出品」を謳い文句にしており、簡単に使うことができます。

ニッチなジャンルが狙い目

インフルエンサーや有名人が執筆している本は、需要は高いですが、

その分供給も高いため、どうしても価格競争に巻き込まれてしまいます。

より高い利益を出すためには、ニッチなジャンルの本を出品することをオススメします。

しかし、あまりにマイナーな本を出品しても需要がなく、売れ残ってしまう可能性もあるため、

ブクマユーザーと親和性の高いジャンルの本をリサーチしてから本を仕入れるようにしましょう。

コメント欄で勝負する

コメント欄の文章で売行きが大きく変わります。

「一度読んだだけなので新品同様です。」、「買ったままの状態を維持しています。」など

商品の状態を表したコメントがほとんどですが、これでは他のコメントと同じになり、埋もれてしまいます。

本を売るためのコツとして、コメント欄に出品している本の魅力を記述しましょう。

「〜〜部分が参考になりました。」、「この小説の結末には驚きました。」など

端的に本の魅力を伝えることがポイントです。

商品情報をこまめに更新する

商品情報を更新することで、新着一覧に表示され、検索にも引っかかるようになるので、

こまめに更新するようにしましょう。

特に土曜日や日曜日など休みの日には、アプリを利用するユーザーが一気に増えるので、

商品情報を更新することをオススメします。

まとめ

中古流通市場が整備され、テレビでも特集が組まれるなど、人気になっています。

「フリマアプリがAmazonの脅威になるのでは?」と心配される方もいますが、そのようなことはありません。

フリマアプリに出品するためにAmazonを使って商品を仕入れる方も多くいるため、

共存共栄の形で成長していくことが予想されます。

これからは中古品のブームが到来するので、注目しておきましょう。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA