輸入すべきなのは世界で人気のある雑誌 ~4選~

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

輸入ビジネスで手堅く儲ける方法として、リスクの低い商材を選ぶ必要があります。

搬送途中で腐ってしまう可能性のある商材や傷つきやすい商材は、リスクが高く、

輸入ビジネスには不向きな商材です。

リスクが低く、安定して稼ぐことができる商材として人気のあるのが「本」や「雑誌」になります。

特に海外雑誌は日本国内の需要も高く、定期的に購読している方が多いので、継続的に収益を得ることができます。

今回は世界で人気のある海外雑誌を紹介します。

National Geographic

地理学、人類学、自然・環境学、歴史、文化、ポピュラーサイエンス、宇宙など分野を取り扱った雑誌になります。

科学やミステリアスが好きな方にはぴったりの雑誌です。

日本では「ムー」という雑誌が都市伝説やミステリアスなどジャンルの情報を掲載しており、人気です。

しかし、世界的には「National Geographic」の方が人気があり、知名度も高いので、

日本のミステアスファンもこの雑誌をよく読んでいます。

Better Homes And Gardens

「Better Homes And Gardens」はアメリカの主婦向け雑誌です。

ガーデニング、インテリア、クッキングが主な内容になっており、

アメリカの食文化やインテリアに興味のある日本の主婦の方達も読んでいます。

特にインテリアの特集ページは、評判が良く、参考にする方がたくさんいます。

お洒落なレイアウトと美しい写真がたくさん掲載されているため、飽きずに最後まで読むことができます。

AARP The Magazine

この雑誌は、全米退職者協会から発行されており、退職後のセカンドライフをテーマにしており、

最後まで人生を楽しく生きるための情報が掲載されています。

日本では、退職後の海外移住を考えている方も多く、根強い人気があります。

Game Informer

ゲームに関する情報を取り扱っており、ゲーム好きにはたまらない雑誌です。

あらゆるジャンルのゲームに関する攻略法、発売情報、レビューなどが掲載されています。

ゲームマニアの方の中には、雑誌をコレクションしている方もいるほどです。

まとめ

Amazon輸入ビジネスで雑誌を取り扱っている方は少なく、競合が少ないことも1つのメリットです。

雑誌は定期的に発行されるため、輸入販売すれば、安定した収益を得ることができます。

Amazon輸入ビジネスを始めたいけど、商材選びで悩んでいる方は、雑誌がオススメです。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA