Amazon Prime Nowで1強時代の到来確定

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本の一部の地域でサービスが開始されたAmazon Prime Nowをご存知でしょうか?

Amazon Prime Nowは税込み2500円以上の注文をすると、

1時間(890円)もしくは2時間(無料)でAmazonのスタッフが商品を届けてくれるサービスです。

Amazonが日本に進出して翌日配達のサービスに驚いていたのがかなり昔のように感じます。

さらに今はAmazon Freshという生鮮食品を当日に配達するサービスも登場。

Amazon Prime NowとAmazon Fresh2つのサービスについて紹介します。

Amazon Prime Nowは全て自社完結

Amazon Prime Nowの驚くべきところは配達時間の短さともう1つあります。

それは配達もAmazonがおこなうことです。

今までのAmazonは受注、決済、梱包はできても配送することはできない状態でした。

Amazon Prime NowはAmazonの弱点の1つである配送を自社でおこない、全て自社完結でおこなうサービス。

Amazonが配達もおこなえば、運輸会社に値上げの交渉や契約打ち切りされる心配もない。

よりAmazonの1強になる盤石な体制を整えています。

Amazonが配送サービスを始めれば日本の運輸業界も打撃を受けることになります。

クラウド(AWS)、自社媒体を他社に提供する(マーケットプレイス)など、

自社で使っているシステムをサービスとして提供する仕組みがあります。

自社の配達サービスのクオリティが上がれば、Amazonが配達サービス業を始める可能性もあります。

Amazon Freshはネットスーパーを駆逐する

Amazon Freshは生鮮食品の即日配送サービスです。

サービス内容は日本のネットスーパーとほぼ同じです。

しかし、日本のネットスーパーはほぼ利益がありません。

ほとんどのネットスーパーは赤字事業です。

赤字が続く日本のネットスーパ業界に潤沢なキャッシュを持つAmazonが参入すれば、

日本のネットスーパーは太刀打ちすることができず壊滅するのは時間の問題です。

まとめ

Amazonは独自の配送網をもたないことが最大の弱点でした。

しかしAmazon Prime Nowの登場で本格的に配達にも乗りだし、ますます体制を強めています。

ECサイトとして知名度の高いAmazonが生鮮食品サービスを開始すれば利用する人は爆発的に増加することが

予想できます。

言うまでもなくAmazonの1強時代がもうすぐ到来します。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)

もっと詳しいプロフィール

半自動収益システム構築【10日間集中マスター講座】

メルマガはコチラ
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA