Amazonが”注文前”発送を検討中?

【Amazon輸入】Amazonが”注文前”発送を検討中?

こんにちは!

本日の記事は、「Amazon輸入/物流」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

安くて、早い!注文すればすぐに商品が届くアマゾン。

サービス開始以降、世界中で愛される大規模なオンラインショッピングの一つです。

そんなアマゾンは、利用者や販売者のためにより良いサービスを提供するため常に進化を続けています。

そんなアマゾンが2014年に『予測出荷』という特許を取得しました。

この予測出荷というのは、アマゾン顧客が購入しそうな商品を事前に箱詰めしておき、

トラックの荷台や中継エリアで待機させておく方法です。

あとは顧客からの注文があれば即配達するという画期的な仕組み。

この手法を使えば配送時間を短縮でき、顧客が実店舗に出向く機会が減り、

さらなる顧客UPが見込めます。

これにはもちろんリスクはつきもので、

あくまでも“予想”の範囲なので顧客がその商品を購入しない可能性も十分にあります。

しかし予想通りに買い物をしてくれる顧客にとっては、

注文後すぐに商品が届くのでうれしいサービスでもあります。

予測出荷はどのように集計されてるのか

アマゾンでは個人の買い物履歴から、次に購入しそうな商品をリストとしてストックしています。

顧客の検索履歴、注文実績、希望リスト、ショッピングカートの内容物、

返品実績など、あらゆるデータを元に集計しています。

さらに、商品ページ内でのカーソルの待機時間でも集計予測ができると言われています。

こうしたリストからアマゾンでは次に購入しそうな商品を箱詰めして、

顧客の住所ラベルを貼り、配送会社や郵便サービス、あるいはトラックの中で待機することになります。

予測出荷では商品の待機場所が問題になっているので、

アマゾンでは予測出荷商品の待機場所として倉庫ネットワークを拡充しています。

アマゾンは配達時間の短縮を目指している

アマゾンでの顧客の多くは、料金もですが配達の時間に注視しています。

今から注文すれば、これくらいには到着する、これなら明日には届くなど、

視覚的に商品の配送日時を確認することができます。

これは購入者の意欲を向上される狙いがあります。

ほとんどの人が購入後、すぐに手元に商品が欲しいと思っています。

アマゾンでは、そうした顧客を満足させるために配送時間の削減を目指しています。

まとめ

まだまだ改善する点や多いですが、今後さらなる配達時間の短縮ができるようになるかもしれません。

いつか、注文して30分後に届くという日もくるかもしれませんね。

メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA