Amazon大量出品のリサーチに息ずまった時は、◯◯をしてみよう!

index

こんばんは。
大越です。

「マジカル頭脳パワー!!」

1990年代に、日本テレビで放映されていた、
大人気のクイズ番組です。

司会は、ゆで卵おじさんです。
元プロ野球選手ですね。
(名前を伏せる理由は・・・特にありません笑)

その中の人気コーナー

「マジカルバナナ」

リズムに乗せて、連想ゲームをしていく、
シンプルなゲームですが、

子供ながらに、腹を抱えて笑いながら観ていた記憶があります。

もう、放映されていたのは20年くらい前になるんですね。
懐かしい反面、今でも楽しく観れそうです。

さて、なぜいきなりそんな話をするのか?

先日、僕自身が運営するコミュニティ
MYC(無在庫輸入クラブ)

の第一回の集まりを開催しました。

一番最初に、何を話そうか。。。

とても、迷ったのですが、

「物販は、連想ゲームです。」
「物販は、想像力です。」

僕のコミュニティは、

ツールを使って、ほぼ自動で稼ぐコミュニティです。

おそらく、参加者の方は、

「えっ?」

と、思われたのではないかと思います。

なぜ、一番最初にこの話をしたのかというと、

「ツールで稼ぐ」=「みんなと同じことをする」

このビジネスモデルが、
長く続くかというと、

答えは、ノー!でもないですが、
限りなくノーに近いです。

「全自動」ではなく、
「ほぼ自動」の「ほぼ」の部分にこだわるために、

ツール、システムの提供ではなく、
コミュニティを付属させました。

本日の、MYCの日報で

「8月、9月売れるものってなにかな?考えながら出品していきます。」

という日報がありました。

この日報、
「マジカルバナナ」出来ていますか?

特に、無在庫販売においては、

・誰よりも早く(遅く)
・誰よりも大量に
・誰よりも独占市場で

販売することが重要です。

今、売れそうな商品を出品するのは、
ナンセンスだと思いませんか?

極論、年に1個売れれば良いんです。
その商品を365個並べれば、
1日1個売れるんですね。

実際に売れた商品や、
旬の商品などから、

マジカルバナナをしていき、
1年に1個売れる商品にたどり着けば良いんです。

その精度で連想ゲームしていき、
出品数を増やしていき、

売上を上げていくのが理想ですね。

経験を積むと、
勘が働くようになります。

そうすると、「ほぼ」の部分の手間が、
どんどん減っていき、

結果、自動収益が生まれます。

「出品しても売れない!」

そんな時は・・・

「マジカルバナナ」をもうひと掘りしてみましょう。

あ、昨日からしれーっと、
メルマガの冒頭に、
書籍のリンクを貼ってますので、
もしよかったら見てみてください!

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

メルマガ登録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


オフィシャルメールマガジン

大越雄介オフィシャルメールマガジン

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

プロフィール

大越雄介
名前:大越雄介
性別:男性

1979年生まれ 東京都在住

2014年 約8年勤めた会社を退職し、インターネットビジネスで独立

すぐに輸入ビジネスで月収30万円を稼ぐが、その後停滞

教材、塾などを買い漁る日々 いわゆるノウハウコレクターに

2015年 小玉歩さんの主催するFMCに入会

それまで行っていた、ビジネスを再構築 完全自動化を図る

2015年 8月 月収100万円を達成

自らのビジネスを成長させながら、ビジネスコンサルタント、スクール運営を行う。

また、発送代行業の役員として参画

無在庫輸入のすすめ

著書


ページ上部へ戻る