海外で人気のディズニーアニメ3選

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ディズニーアニメは、毎年ヒット作品を公開して話題を集めています。

記憶に新しいディズニーのヒット作品は「アナと雪の女王」で、

日本での興行収入は推定で254.8億円になり、日本の歴代興行収入ランキング3位にランクインしています。

ディズニー作品のマーケティング力はすさまじく、時代背景やターゲットとなる子供のニーズにあった作品を手がけています。

その中でも今回は海外で人気のあるディズニーアニメを紹介します。

ちいさなプリンセス ソフィア

主人公であるソフィアは母が経営する靴屋とごく普通の生活を送っていました。

突然、母が国王と再婚したことをきっかけに普通の女の子からプリンセスという立場になり、人生が一変します。

主人公が靴屋の娘から始まるという今までのディズニーにはないストーリー設定で、

ディズニーがこれまでつくりあげてきたプリンセス像を覆す作品になっています。

作中には歴代のプリンセスも登場するところも見所の1つになっています。

アバローのプリンセス エレナ

主人公であるエレナはディズニー初のラテン系プリンセスになり、

作中にはサルサやボサノバがベースとなった曲が使用されています。

ストーリーの舞台であるアバロー王国に訪れた魔女を退治することで

国の平和を守った彼女は16歳でプリンセスになりました。

恋愛要素はなく、国をより良くするために周りの仲間たちと協力しながら

自身の人間性も成長するというヒューマンストーリーがメインになっています。

今までのプリンセスの話には必ず恋愛要素がありましたが、

最近の作品ではプリンセス一人がたくましく生き抜いていく様子を中心に描かれています。

フィニアスとファーブ

義兄弟であるフィニアスとファーブが夏休みを楽しむために、天才的な発明をいくつもつくる様子を描いたアニメ。

両親には内緒で潜水艦やジェットコースターをつくり友達と遊ぶなど、とんでもない計画を立てて日々の生活を謳歌します。

姉のキャンディスは2人のとんでもない発明品を母に告げ口しますが、母に信じてもらえず毎回失敗に終わります。

男女問わず見ることができる面白いストーリーになっています。

まとめ

ディズニーはヒットした作品に登場するキャラクターや歌がとても人気になります。

海外ですでにヒットしているディズニーアニメは日本でも人気になる可能性が高いので、

先に海外から関連グッズを輸入すれば大きく儲けることができるチャンスになるので、

海外で流行しているディズニー作品には常に注目しておくことをオススメします。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ