【MYC通信】還付金を狙うか!?

こんばんは!
日曜日担当のあきです。

9月に入り、東京では急に涼しくなり
秋の訪れを感じるようになりましたね。
いかがお過ごしでしょうか?

アメリカのホリデーシーズン

昨日は秋本さんから「Amazon輸出」が
結構売れ始めてきたというお話がありましたね!

私も有在庫で輸出をやったことがありますが、
やはりアメリカのホリデーの威力は凄いですね。

経験のある方ならご存じだと思いますが
11月の第4金曜日(今年は11月24日)の
ブラックフライデーを皮切りに
どんどん商品が売れ出します。

実際は11月に入った頃から、
売れ行きは加速していきますので
FBAなら9月~10月の在庫補充が勝負でしょうか。

ホリデーに関係のなさそうな
日用品などもとてもガンガン売れるので
年に一度の大チャンス!という感じです。

私も家にある輸出用の在庫などを
この期間だけ出品しようかなと思っています(^^)
「ホリデー野郎」(by大越師匠)というほどではなく
「ホリデー小学生」程度ですが、期間限定のお小遣い稼ぎには充分です。

去年は知人が「ポケモンGO」のぬいぐるみで
かなり稼いだという話を聞きました!
こういうビッグネタがある時ほど仕入れも楽しいですね。

私もこちらのグッズで輸出で稼いだ時がありました!
⇒ https://goo.gl/iuiKs1

軽いしかさばらず、一度に大量に運べるので
まさに輸出FBA向きでした!
緩衝材としてスキマにも詰め込めるので一石二鳥です。

日本のアニメもアメリカには根強いファンが
多いのでそのあたり攻めると面白いかな・・・と
思っています。

しかし、輸出をやると欧米人の忍者好きには驚かされますw
NARUTOは私たちの想像以上にあちらで大人気ですし、
手裏剣ぽいハンドスピナーも人気なようですね。
つい先日も日本での観光客向けの忍者不足がニュースになっていましたし。

「消費税課税事業者」になる?ならない?

さて話は変わりますが、これから「輸出」と「輸入」を
両方したい方は税金面でご注意を!

既にご存じの方も多いと思いますが
同じ事業者として「輸出」「輸入」を両方やる場合は
消費税課税事業者になるか、ならないかという点を
一度考えたがほうがいいですね。

「輸出」メインでバリバリやっていく方は、
消費税課税事業者になって、消費税還付を受けたほうが
お得です。

例えば1万円で商品を仕入れて、利益0円で販売したとしても、
仕入れ時の消費税800円が還付されるので、
800円儲かるという理屈です。

これが輸出がオイシイと言われる所以でもあります(笑)
利益出さなくても8%儲かる、これは凄いですよね。

ところが、一度
消費税課税事業者になってしまうと
国内での売上に対して、消費税を払わなければ
なりません。

なので、輸出還付金狙いの場合は
「輸入」を増やしてしまうと逆に消費税の支払が
多くなってしまうというデメリットがあります。

「輸出」「輸入」のどちらに軸足を置くかで
消費税課税事業者の選択も考えてみるといいかなと思います。

私の場合は、やはりMYCでの「輸入」の比率が
圧倒的に「輸出」より多いので、還付は諦めて
現在は、消費税課税事業者にはなっていません。
実際に還付手続きも大変ですし、費用対効果も考えると
このほうがお得です。

両方メインでがっつりやりたい!という方は、
例えば、法人で「輸出」をやり、個人で「輸入」をやるといったように
完全に切り分けてやるケースも見かけます。

輸出を本格的にやろうと考えている方は
税理士さんなどにも相談の上、ぜひ一度検討してみてください!

明日は「ホリデー野郎」でもある大越師匠にバトンタッチ。
お楽しみに~!!

今日もありがとうございました。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA