#194「やっぱり無在庫では天井値があるか…」

2016y03m09d_220409601

こんばんは。
大越です。

昨日は、黒船の倉庫へ行ってきました。

黒船物流では、

国内FBA納品代行
国内エンドユーザー発送代行
海外FBA納品代行(アメリカ、カナダ)
※一部欧州FBA
海外エンドユーザー発送代行

のプランを設けております。

ちなみに、僕が運営する、

「外注化センター ジーオーディ」は、
「海外エンドユーザー発送代行」と連動しており、

「無在庫輸入クラブMYC」は、
「国内エンドユーザー発送代行」と連動しております。

なので、僕のビジネスはすべて黒船物流あってのサービスなんです。

しかし、

倉庫のスタッフに、
「最近、倉庫になかなか来てくれないんですね…」

と、冷たい視線を浴びながら(笑)
僕は、みなさんの見えないところで頑張っているんだよっ!

と、心の中でつぶやいて帰ってきました(笑)

そういえばあまり、僕のメルマガでは、
黒船の話をしてないなぁと思うのですが、

物流の話って、
みなさん興味あるのかな…

こちらが、黒船物流のHPです。
http://greek-ex.jp/L18843/bc0/2t1721

現在、会員募集は限られた方にしかしていないので、
ご利用を希望する方は、僕の方までご連絡いただけたらと思います。

会員さんの個人情報などもお預かりしているので、
物流内部の話は出来ないのですが、

ちょっとだけシェアさせていただきます。

時期的なものや為替変動の流れもあると思うのですが、
海外FBAに発送する量が、少し減ってきているようです。

逆に、海外エンドユーザー発送、
つまりは、無在庫販売の発送数が増えています。

これは、ジーオーディの会員さんの増加に伴うものでもあるのですが、

海外FBAプレイヤーが、減ってきているのが現状です。

これ以上の内部の話は出来ないのですが、
これは、市場規模にも通ずる話ではあります。

日本人セラーのレッドオーシャンになりつつある、
Amazon.comの市場。

本当に、レッドオーシャンなんでしょうか?

薄利多売の無在庫セラー
利益度外視のFBAセラー

その傍らで、
暴利で戦う無在庫ズラしセラー

この図式、なんか違和感ありませんか?

わかります?

利益度外視のFBAセラーが、為替変動とともに、
キャッシュフローが悪くなっているんです。

なので、輸入に回避する人
薄利多売でも無在庫にこだわる人

これは、特に違和感のない話なんですが、

では、生き残っているFBAセラーって、
どんなセラーでしょうか?

ひとつは、資金をぶん回せるだけの体力のあるセラーですよね。

メーカー、卸から安く大量に仕入れている、
いわゆるパワーセラーと呼ばれる方々です。

ここに、資金がないのに真っ向勝負でいったら、
勝てる訳がないんですよね。

無在庫の薄利多売セラーも同じです。
中間経費をいかに削り、仕組みと量での戦い方になります。

ただこちらは、工夫次第ではまだまだ戦えます。
無在庫輸入もまだまだ楽勝な市場です。

なので、僕の提供するサービスは、
まさに旬なものであることは間違いないです。

しかし、

ここからが重要です。

旬なものは、

いつかはレッドオーシャンを迎えます。

なので、いかに旬なものを、
次のブルーオーシャンに結びつけるか?

ここが重要です。

とは言っても、ブルーオーシャンを探すのは大変です。

見つかったとしても、そこに需要がなければ、
まったく意味がありません。

ここが、僕の感じる違和感ですね。

自ら、レッドオーシャンに飛び込み、
痛い目にあって撤退。

ブルーオーシャンを闇雲に探すが、
ブルー過ぎて需要がない。

結局、情報に踊らせられ、
またレッドオーシャンに飛び込む。

これでは、やはり体力勝負ですよね。

レッドオーシャンというのは、
単純にバランスが崩れているだけで、

確実に需要があります。

Amazon.comが稼げなくなった。

これは、最近よく耳にしますし、
僕も体感しているのでわかります。

しかし、この情報が本当かどうか判断するのは、
巷に流れている情報を頼りにしてはいけません。

輸入をやるにしても、
輸出をやるにしても、
ライバルが増えても、
社会情勢が変わっても、

需要があり、ライバルと差別化を図れば、
どんな市場でも戦えるはずです。

まぁ、結局のところ、
トライアンドエラーってヤツですね~

まずは、やってみる。
イッツ マインド論!笑

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

メルマガ登録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


オフィシャルメールマガジン

大越雄介オフィシャルメールマガジン

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

プロフィール

大越雄介
名前:大越雄介
性別:男性

1979年生まれ 東京都在住

2014年 約8年勤めた会社を退職し、インターネットビジネスで独立

すぐに輸入ビジネスで月収30万円を稼ぐが、その後停滞

教材、塾などを買い漁る日々 いわゆるノウハウコレクターに

2015年 小玉歩さんの主催するFMCに入会

それまで行っていた、ビジネスを再構築 完全自動化を図る

2015年 8月 月収100万円を達成

自らのビジネスを成長させながら、ビジネスコンサルタント、スクール運営を行う。

また、発送代行業の役員として参画

無在庫輸入のすすめ

著書


ページ上部へ戻る