熊撃退方法から考える、物販と無在庫販売の関係性

index

こんにちは。
大越です。

ある~日

森の中

熊さんに~

出逢った~
(であぁた~)

朝、起きた時から、

童謡「森のくまさん」

が、頭の中でヘビーローテションです(笑)

ちょっと以前のニュースになるのですが、
熊の被害が報道されたと思います。

実際に、森の中で熊さんに遭遇したら、
おそらく「死」を覚悟する瞬間だと思います。

日常生活で、熊さんに出逢うのは、
動物園に行った時くらいだとは思うのですが、

キャンプをしに行ったり、
これから、スキーシーズンがやってきますから、

山へ行く人にとっては、
気になる話題かと思います。

物販的な話をすると、

山へ出かけた時に、

「熊撃退」

の商品があると、
少なからず需要は高まります。

テレビやニュースからの、
マジカルバナナは、リサーチ方法としては鉄板です。

僕の場合は、テレビやニュースを見ないので、
売れたものから、トレンドを知るということが多いです。

無在庫でショップに並べておけば、
需要の波が来た時にキャッチできるので、

最速で需要をキャッチすることが出来たりもします。

リサーチからの需要と供給のバランスを見ていくと、
結局は、スピード勝負に負けてしまい、

見つけた時には、価格崩壊
というのが、アマゾンの特性ではあります。

せっかく見つけた商品が、
ライバルに乗っかられて、
価格競争に陥っています…
~~~~~~~~~~~~

こんな話、良く聞くのですが、

多分、ライバルも同じことを思っています。

せっかく見つけた商品は、
実は、誰にでも見つけられる商品だったということですね。

なので、

「相乗り商品はスピード勝負」

ここを意識する必要があります。

【MYCで話題になっている商品】

無在庫輸入クラブ

僕が運営する、輸入ビジネスのコミュニティです。

最近、パラパラと売れている商品があるのですが、

テケテテン♪

「熊撃退スプレー」

なにやら、唐辛子成分の入った、
熊除けスプレーだとか…

アメリカ製の商品が、
日本にも出回っているようです。

まとめサイトや、YouTubeなどでも、
取り上げられている商品なので、

需要は高い商品となっています。

熊報道があったことで、
商品がパラパラと売れているのかなと思います。

しかし、

飛行機に乗ったことがある方ならわかると思いますが、
スプレー缶って、機内に持ち込むことが出来ないんですよね。

ライターとかも、
搭乗前に没収されますよね。

これは、空輸をする際に危険物として、
取り扱われるからです。

気圧などの関係で、
爆発する可能性があるからですね。

ある意味、熊遭遇よりも危険な状態です。

なので、空輸での輸入が出来ないんです。

残念ながら、売れても輸入が出来ない、
いわゆるフィルタリング対象商品なんです。

しかし、そこからもうひと堀する人が、
やはり強いですよね。

売れる商品
でも、空輸は出来ない

密輸とかもっとダメですからね!笑

こういった壁を乗り越えてはじめて、
ライバルとの差別化が出来ますよね。

無在庫販売をしていると、
こういった思いがけないチャンスに遭遇します。

出来れば、森の中で熊さんには出逢いたくないですが、
チャンスには、積極的に出逢いたいですよね。

檻の中の熊さんには、動物園に行けば会えます。

ただ、これは、誰でもかんたんに出来ること。

差別化するには、
人と違うことをする必要がありますね。

ある~ひ~♪

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


オフィシャルメールマガジン

大越雄介オフィシャルメールマガジン

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

プロフィール

大越雄介
名前:大越雄介
性別:男性

1979年生まれ 東京都在住

2014年 約8年勤めた会社を退職し、インターネットビジネスで独立

すぐに輸入ビジネスで月収30万円を稼ぐが、その後停滞

教材、塾などを買い漁る日々 いわゆるノウハウコレクターに

2015年 小玉歩さんの主催するFMCに入会

それまで行っていた、ビジネスを再構築 完全自動化を図る

2015年 8月 月収100万円を達成

自らのビジネスを成長させながら、ビジネスコンサルタント、スクール運営を行う。

また、発送代行業の役員として参画

無在庫輸入のすすめ

著書


ページ上部へ戻る