無在庫販売におけるリサーチの概念とは

こんにちは!
大越です。
昨日は、牛丼を食べた後(笑)
渋谷の牡蠣がおいしいオシャレなダイニングへ行ってきました。

https://goo.gl/gCo3gK
私は、欧米輸入商品を無在庫で販売しております。
いわゆる大量出品方式です。

仕入れられる商品を、
端からすべて出品していくという手法ですね。
正直、「リサーチ」という概念は、
あまりないのですが、

インターネット販売において、
最も重要な作業のひとつ
それが、「リサーチ」です。

昨日もお話をしましたが、
「リサーチ」というのは、

「需要と供給とタイミング」
を見極める作業だと私は考えております。
初心者で陥りやすい、
リサーチの大きな間違いは、

「価格差を見つけること」

これを重視してしまうことです。
価格差というのは、
転売において利益を上げるために必要な要素ではあります。
ただ、価格差は変動します。
そして、商品が売れなければ意味がありません。
とは言っても、無在庫販売において、
出品するリスクは限りなくゼロですので、
出品することには意味があります。
しかし、この作業は「リサーチ」ではなく

単なる販売場所毎における
「価格差を見つける作業」

でしかないということです。
昨日も、みんさんeBay輸出をされている方なのですが、

 

SAL便で送らないと利益がとれないんです。。。
出品できる商品が見つかりません。。。

 

という悩みが多かったですね。

 

まずは、販売先を気が狂ったように見ることからですね。
初心者のころの一番効果的なリサーチ方法は、
売れてるセラーが何をしているかをリサーチすること
単純にそれを真似ていけばよいです。
それでは、本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!

 

メルマガ
The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)

もっと詳しいプロフィール

半自動収益システム構築【10日間集中マスター講座】

メルマガはコチラ
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA